総合順位
236位

総合評価 5点満点
3.13

        
洗浄力
60%
素材
64%
安全性
52%
コスパ 
66%
環境 
70%
補修力
52%
ツヤ 
50%
感触 
52%
育毛
74%
洗浄剤
96%

成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
172100

[参考価格] 300ml 1944円
[1mlあたり] 約6.48

プロエディット ケアワークス シャンプー ソフトフィット の解析

[PR]
これはソフトフィット。

まず、いわゆる酸性せっけんベースシャンプーです。

せっけんと言っても、水道水と反応してせっけんカスが出るようなイメージではなく、普通に洗えるシャンプーに近い感じのイメージ。


ラウレス-4酢酸Naがその酸性せっけんといわれるベース成分ですが、これは高洗浄力ですが弱酸性で低刺激、川に流しても環境を破壊しません。

その他の処方としてはベースのさっぱり感に加えてしっとり感をプラスする成分が続きます。

全体としてはしっかり洗いたい系の方に安全性の高いシャンプーとして向いています。

また、カラー後にもこのシャンプーは良い効果を発揮しそうです。

さらさら系の仕上がり。


プロエディット ケアワークス シャンプー ソフトフィット の全成分

1

2ラウレス-4酢酸Na

酸性石けんと呼ばれ、石けんに似た洗浄性を持つ。石けんと違い、酸性でも機能を失わない。刺激性が低く、さっぱりした洗い上がり。

3コカミドメチルMEA

・コカミドメチルMEAは、一般的なコカミドDEAより起泡性や持続性・泡量が優れる。

4ココイルメチルタウリンNa

アミノ酸型洗浄剤の中でもバランスの良さはトップクラス。適度な洗浄性、泡立ちの安定性、低刺激、コンディショニング効果や、ベタつきの少なさなど、シャンプーとして使われる場面では優秀な使用感を提供する。

5ラウミドプロピルベタイン

6ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

7ポリクオタニウム-47

毛髪の摩擦を減らす効果があります。グアーガムやカチオン化セルロースに比べ2倍近く摩擦を減らす性能があります。

8フィチン酸

9トルメンチラエキス

10BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

11香料

香りづけ。

12クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

13クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

14エチドロン酸

15安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

16サリチル酸

17メチルイソチアゾリノン

パラベンよりもソフトと言われる防腐剤。ただ、パラベンよりも配合量を大幅に増やさないと効果が出ないため、それほどソフトとも言いきれない。

 

メーカーの紹介文

目指したのは 『しなやかに動く髪』。
デザインのための “素材” をつくる、まもる。
ひとりひとりの髪にあわせた成分が髪の本質へアプローチ。
しなやかに動く、扱いやすい髪へと導くから、 目指すデザイン、求めるイメージに。
もっと応えつづけられる、表現しつづけられる。

プロエディット ケアワークス シャンプー ソフトフィット の関連商品

     

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム解析ストアなどを運営。