(ラピデム)LAPIDEM HOLISTIC SCALP AMINO SHAMPOO S&Aシャンプー スキャルプケア用の解析

総合順位
164位
総合評価 5点満点
3.13

[製造販売元] Gazzara Design株式会社

[商品ID] 6032
[容量]500ml
[参考価格]2800円
[1mlあたり] 約5.6
洗浄力
42%
素材
72%
安全性
44%
コスパ 
72%
環境 
76%
補修力
44%
ツヤ 
38%
感触 
70%
育毛
90%
洗浄剤
70%

(ラピデム)LAPIDEM HOLISTIC SCALP AMINO SHAMPOO S&Aシャンプー スキャルプケア用の解析

かなりしっとり感強いシャンプー

アミノ酸型洗浄剤であるココイルグルタミン酸TEAベースでポリクオタニウム-10の存在感と相まってベタつきに近いしっとり感を感じさせるタイプです。

泡立ちは弱く、重めの使用感は不可避でしょう。

肌、髪にマイルドという観点でこのような処方は散見されますが、

使用感としては快適とはいいづらい可能性が高いです。




ちょっとした汚れや皮脂の存在で容易に泡立ちが乏しくなり、すっきり感とは対極のタッチとなるでしょう。



ソフトであることは評価できますが、シャンプーとしての完成度は疑問符がつきます。



エキスの選定はまずまずながら、やはりベースの出来具合にもう一こえほしいところ。


(ラピデム)LAPIDEM HOLISTIC SCALP AMINO SHAMPOO S&Aシャンプー スキャルプケア用の全成分

1

2ココイルグルタミン酸TEA

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

5ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

6ショウキョウエキス

・ショウキョウエキスはショウガの根茎から抽出。血行促進、殺菌、発汗促進作用をはじめ、メントールの清涼作用を増強させる効果も。

7ホウセンカエキス

抗アレルギー作用・かゆみ防止・抗アトピー作用といった皮膚に良好な作用を示す。また、テストステロン5α-リダクターゼ阻害作用もあることから、育毛目的にも配合される。

8ザクロ果実エキス

強い抗酸化作用を持つほか、男性ホルモンを抑制する働きがあることから、皮脂分泌をコントロールする効果を期待できます。また、男性ホルモン由来の男性型脱毛を予防する働きも

9アルニカ花エキス

キク科アルニカの花から得たエキス。フラボノイド、カロチノイドなどの抗酸化成分や、タンニンの収れん作用、また抗炎症作用などを付与されます。

10馬油

オレイン酸、パルミトレイン酸などを主成分とする、皮脂の組成に近いオイルです。皮膚馴染み、浸透性が優れ、肌の保護作用があります。

11

12オウゴン根エキス

収斂・抗菌・抗炎症作用のほか、男性ホルモン由来の脱毛を予防する作用も。

13加水分解シルク

14加水分解コラーゲン

15加水分解ヒアルロン酸

16グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

17センブリエキス

リンドウ科の2年草で、細胞活性作用、抗炎症・血行促進作用を付与します。

18メントール

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。

19加水分解ケラチン(羊毛)

ケラチンタンパクを加水分解して得たケラチンPPT(ポリペプチド)です。毛髪に馴染みやすく、髪の強度を高めるシスチンを豊富に含有します。

20ハマメリス葉エキス

ハマメリスエキスは収れん作用により毛穴を引き締め、皮脂の抑制などに寄与します。また、毛細血管強化、抗炎症作用も。

21セイヨウキズタ葉/茎エキス

サポニン、タンニン、フラボノイドなどを含み、抗炎症・収斂、抗酸化作用、保湿作用、清浄作用などを付与します。

22セイヨウトチノキ種子エキス

23セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス

24ブドウ葉エキス

多種のポリフェノールを含むエキスで、抗炎症・皮脂抑制、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンの分解を抑制といった効果を与えます。

25オリゴペプチド-24

肌の保湿作用強化、ヒアルロン酸産生促進作用。

26BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

27ペンチレングリコール

1,2-ペンタンジオールとも呼ばれます。グリセリンとも近い多価アルコールというカテゴリの成分で、BGよりも低濃度で必要な殺菌性を得ることができるため、比較的安全性を売りにする製品に採用される傾向があるようです。また、さらっとしたベタつきのない使用感も特徴。

28EDTAー2Na

29塩化Na

30安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

31香料

香りづけ。

32トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

33エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

34フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

メーカーの紹介文

天然由来成分95% 11種類の植物エキス配合 ノンシリコン・アミノ酸系シャンプー アミノ酸系シャンプーで地球にも人にも優しく。
健やかな頭皮へと導く為には、頭皮に詰まった汚れや余分な皮脂をしっかり落とすことからはじまります。
ノンシリコン、アミノ酸系シャンプーにも関わらず、しっかりとした優しい泡立ち。
頭皮のトラブルを防ぎ、きしまず、すっきりと洗い上げます。
いくつになってもぬけめのない髪へと導くための8つのフリー シリコンフリー、パラベンフリー、パラフィンフリー、PEGフリー、合成着色料フリー、ラウレス硫酸フリー、オレフィンスルホン酸フリー

(ラピデム)LAPIDEM HOLISTIC SCALP AMINO SHAMPOO S&Aシャンプー スキャルプケア用の関連商品

楽天で(ラピデム)LAPIDEM HOLISTIC SCALP AMINO SHAMPOO S&Aシャンプー スキャルプケア用を買う
一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。