ザ ゼロ プライマリープレシャンプーの解析結果

総合順位
250位
総合得点 5点満点
3.13
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
3822120

ザ ゼロ プライマリープレシャンプーの詳細情報

[製造販売元] 株式会社Shinks

[商品ID] 6118
[容量]300ml
[参考価格]2398円
[1mlあたり] 約7.99
洗浄力
86%
素材
84%

安全性

34%

コスパ 
44%
環境 
62%

補修力

28%

ツヤ 
20%
感触 
34%
育毛
118%
洗浄剤
48%

ザ ゼロ プライマリープレシャンプーの解説

奇妙なシャンプー。

およそ一般的ではない処方で、独特の使用感が予想されます。

吉と出るか、それとも・・

ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルがベースというかなり風変わりな処方です。



これは、お化粧のクレンジング剤ではよく見るパターンですが、当然髪用のシャンプーでは勝手が違います。




比較的刺激は少ないながら、脱脂力は濃いメイクを簡単に落とすほどの強さがありますので、

頭皮の皮脂バリアも簡単に落とせるくらいのパワーがあります。




そのわりに使用感は滑らかなので、脱脂されてる感がほとんどないのも特徴です。



ただ、オレフィンスルホン酸Naも配合されているためそれなりに泡立ちやさっぱり感はプラスされていますが。




エキス系は頭皮環境改善系、清浄系エキスなど、割りと品質良いです。



油溶性ビタミンC配合は嬉しいところ。

ただ、ベースと相まって感触がしっとりしすぎないか、という心配も。




このシャンプーをどう捉えればいいか難しいところですが、

はっきりわかるのはしっとりタッチとしっかり脱脂という特徴です。




しっとりするわりには、頭皮や髪に特にメリットが多いというわけではなさそうです。



良い部分と奇妙な部分が混ぜ合わさっていて、結果的に中途半端な印象を残しそうなシャンプーとみることができます。



その圧倒的な個性の違いは、一度試してみたいという思いを抱かせますが・・。


ザ ゼロ プライマリープレシャンプーの全成分

1

2ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル

お化粧のクレンジング剤として頻出。W洗顔不要タイプの製品に使われるように、水がある環境でもクレンジング効果を発揮し、高い洗浄力を与えます。脱脂するので、肌のアフターケアが必要となります。シャンプーに少量含まれる場合は加脂剤、つまりコンディショニング効果を目的として配合されたりします。

3DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

4コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

5オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

ラウレス硫酸ナトリウムなどと同等以上の脱脂力を持ち、起泡力も強い。仕上がりは典型的なさっぱり系で、コンディショニング作用はほとんど期待できずクレンジング目的・泡立ち増強の目的で配合される。

6セテアレス-60ミリスチルグリコール

別名ポリオキシエチレンセトステアリルヒドロキシミリスチレンエーテル。ゲル化・増粘作用を製品に与え、泡立ちを増したり、粘度を高めたりする素材です。

7PEG-8(カプリル/カプリン酸)グリセリル

8クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

9パンテノール

プロビタミンB5。体内でパントテン酸に変わるという意味でプロビタミンB5と呼ばれていて、育毛剤などでもおなじみの髪や皮膚の生成を促進する成分です。新陳代謝を活発する目的で配合されます。

10ベルガモット果実油

11ハッカ油

薄荷草から得たエキスで、メントールを含むため清涼感を付与します。また、抗菌作用、消臭作用、制汗作用、血行促進作用、虫除け効果などを与えます。

12テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

・テトラヘキシルデカン酸アスコルビルは脂溶性ビタミンC。皮膚への浸透性が高く、48時間以上持続する抗酸化作用を付与。

13フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

14エチルヘキシルグリセリン

細菌・真菌類の防腐効果がある。

15ナイアシンアミド

ニコチン酸アミドとも呼ばれる水溶性ビタミンB3のアミドで、皮膚炎、口内炎の予防で用いられるように皮膚の健常性に関与するビタミンBを補給します。

16エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

17ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

18BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

19サピンヅストリホリアツス果実エキス

サポニンという天然の界面活性剤を多く含むエキスです。インド・パキスタンなどに自生するソープナッツ(石けんの実のなる木)の果実から得られます。古くは石けんのようにこの果実エキスは使われていました。単独では洗浄力が乏しいため、主洗浄剤の補助として使われる形が多いです。

20アルニカ花エキス

キク科アルニカの花から得たエキス。フラボノイド、カロチノイドなどの抗酸化成分や、タンニンの収れん作用、また抗炎症作用などを付与されます。

21オドリコソウ花/葉/茎エキス

シソ科オドリコソウから抽出したエキス。カテキン型タンニンやフラボノイドを含み、収れん作用や抗炎症作用に優れます。

22オランダカラシ葉/茎エキス

23ゴボウ根エキス

牛蒡の根から抽出。抗炎症・血行促進作用を付与します。

24セイヨウキズタ葉/茎エキス

サポニン、タンニン、フラボノイドなどを含み、抗炎症・収斂、抗酸化作用、保湿作用、清浄作用などを付与します。

25ニンニク根エキス

ユリ科ネギ属植物で、アリシンを特徴的に含有します。優れた抗菌力を背景に、血行促進、抗酸化作用を付与するエキスです。

26セイヨウアカマツ球果エキス

西洋赤松の球果から抽出したエキスで、血行促進、抗炎症、収れん作用などを付与。

27ローマカミツレ花エキス

キク科カミツレモドキ科植物の花から得たエキス。抗菌・消炎・血行促進作用などを付与。

28ローズマリー葉エキス

抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。ローズマリーは天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。

29カミツレ花エキス

アピゲニン含有、ヒスタミンの遊離抑制により抗炎症作用を示す。

30セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス

31トウキンセンカ花エキス

キンセンカの花から得たエキス。マリーゴールドと呼ばれる植物です。抗炎症効果が優れます。

32フユボダイジュ花エキス

シナノキ科シナノキの葉や花から得たエキスです。シナノキエキス、とも呼ばれます。タンニン、フラボノイドを含有し、抗菌・抗炎症・血行促進作用、収れん作用を付与。

33ヤグルマギク花エキス

ヨーロッパの山岳地帯に分布するキク科植物です。アントシアニン、クマリン誘導体などを含み、抗菌・抗炎症・収れん作用などを付与します。

34センブリエキス

リンドウ科の2年草で、細胞活性作用、抗炎症・血行促進作用を付与します。

35サンザシエキス

・サンザシエキスはバラ科サンザシの花、葉、実抽出エキス。フラボノイド、ビタミンCを多く含有し、保湿、美白、収れん作用を与えます。

36ナツメ果実エキス

37グレープフルーツ果実エキス

38リンゴ果実エキス

メーカーの紹介文

THE ZERO Primary Pre-ShampooTHE ZEROとは、「髪に不着しているものを0にする」をコンセプトに名づけられました。
0にする=「素髪」にするということ。
素髪もどしシャンプーです。
コンディショナー、トリートメント、アフターバスのオイル剤、ワックス、スプレーなど、シリコンが含まれている商品はとてもたくさんあります。
このようなトリートメント剤や整髪料などの主な働きは髪の毛を「一定の状態に保つ」事を目的に作られています。
ですから、通常のシャンプーでは完全に洗い落とすことは難しいのです。
しかし、洗い残してしまうと、古い油分や被膜が髪の毛の見た目も健康も損なう可能性が高まります。
「ザ ゼロ プライマリープレシャンプー」はシリコンの被膜をキレイに取り除き、素髪にもどす事を目的に作られました。
もちろん、素髪の状態のままだと、髪の毛がダメージを受けやすくなる為、いつも通りのトリートメントなどを行なっていただく必要があります。
ですが、一度素髪に戻している為、栄養素も十分取り入れられ、その後トリートメントなどのシリコンで均一にコーティングされた髪は、まるで美容室で施術をしてもらったような仕上がりになります。
天然植物成分23種類を配合し、保湿補修成分、エッセンシャルオイルを配合、合成着色料や合成香料は使っていません。
もちろんシリコン、パラベン、鉱物脂不使用です。
使い方は簡単。
いつものシャンプーとコンディショナーの前に、乾いた髪に手のひらで毛先にむかった全体的に馴染ませるだけ。
2、3分置いて流した後は、素髪にもどっている状態です。
いつもどおりのシャンプーとコンディショナーでお手入れしてください。

ザ ゼロ プライマリープレシャンプーの関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。