洗浄力
40%
素材
70%
安全性
84%

コスパ 

36%

環境 
84%

補修力

26%

ツヤ 
14%
感触 
50%
育毛
96%
洗浄剤
70%

成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
5261230

[参考価格] 350ml 1998円
[1mlあたり] 約5.71

バイタリズム(VITALISM) スカルプケア シャンプー ノンシリコン for WOMEN 【 女性用 】の解析

メリットそのまま、香りや感触が少し女性的な印象に

擬似ミノキシジルであるピロリジニルジアミノピリミジンオキシドを配合した本気モードの育毛シャンプーですが、

[PR]

この他にも強力な要素を内包しています。



アルガニアスピノサ芽細胞エキスは知る人ぞ知る、バルジ領域に作用する育毛期待値の高い成分。


さらに、酵母エキス、アルゲ(海藻)エキス、ショウガ、センキュウなどの血行促進、皮膚細胞活性化作用などが脇を固める強力な布陣。



もちろん、洗浄剤も文句なしにマイルド。

かつすっきりとした洗いあがりに設定されていて使用感もGOOD。



驚くような品質、育毛効果のシャンプーの出来上がり。



擬似ミノキシジルの直接的な育毛作用の恩恵を考えれば、それだけでも買う理由になるほど他を圧倒する出来栄えと言えます。


このシャンプーの場合はそれ以外の要素も力強く、洗浄性、エキスの質、全てのベクトルが育毛に向かっている稀有な逸品と言っていいでしょう。


強力な血行促進効果は、時に血流アップによる温感由来の痒みを感じさせるかもしれませんが、そのくらい効いていると思えばむしろ心地よいでしょう。



興味深く、チャレンジしたいと思わせる、本気の育毛シャンプーと呼んで差し支えありません。


女性でも香りや使用感に違和感なく使える設定が嬉しい、気の利いた製品ともいえるでしょう。

 

バイタリズム(VITALISM) スカルプケア シャンプー ノンシリコン for WOMEN 【 女性用 】の全成分

[PR]

1

2ココイルグルタミン酸2Na

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

3コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

4コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

5デシルグルコシド

糖系の非イオン界面活性剤で、洗浄性と泡立ちが優れます。他の洗浄剤と組み合わせて刺激性を抑制したり、使用感を改善する目的で使われます。

6グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

7スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na

構造としてはラウレス硫酸ナトリウムに近い特徴を持ちます。高洗浄性と泡立ちの良さが特徴で、やや肌刺激性が低く、環境にも分解し易いタイプです。

8アルガニアスピノサ芽細胞エキス

モロッコの希少植物アルガンツリーの新芽から得られる幹細胞エキスです。 真皮幹細胞を賦活し、肌の最深部からアンチエイジングを促します。

9ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド

・ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドはミノキシジル誘導体、つまり擬似ミノキシジルといえる成分であり、血行促進、毛母細胞への酸素・栄養供給、毛髪成長促進効果を与えます。 また、ミノキシジルと比べても安全性がより高くなっている点も注目すべきでしょう。

10ピロクトンオラミン

抗真菌作用をはじめ、皮膚糸状菌、酵母、グラム陽性菌・グラム陰性菌など幅広く殺菌・防腐作用を示す。pH6-7に調整する必要があり、逆にいえばピロクトンオラミン配合の製品はこの範囲のpHであることが推察される。ジンクピリチオンなど他の抗真菌剤よりも効果が高い。その殺菌効果の高さゆえ、頭皮・皮膚の常在菌を必要以上に滅してしまうことには注意したい。環状のヒドロキサム酸誘導体であるピロクトンとエタノールアミンによる塩である。

11サッカロミセス溶解質エキス

12キハダ樹皮エキス

別名オウバクエキス。優れた抗菌作用を付与します。

13アルゲエキス

海中・陸の淡水域に生息する藻類のエキス。保湿効果やDNA週副作用、コラーゲン生成作用などを期待。

14水溶性コラーゲン

コラーゲンの形をそのままに水に溶解させたのがこの水溶性コラーゲンです。魚の骨や皮、うろこを原料として、匂いが少なく吸収性が高いのが特徴です。

15加水分解コラーゲン

16アロエベラ葉エキス

ユリ科アロエベラの葉エキスです。創傷治癒、美白、抗炎症作用などを付与。

17モモ葉エキス

成分としてタンニン、フェノール、アミノ酸、フラボノイド、ニトリル配糖体を含んでいます。保湿作用、抗炎症(抗アレルギー)作用、抗酸化(過酸化物抑制)作用、刺激緩和作用、抗菌作用がある。

18トウキ根エキス

血行促進、抗アレルギー作用。

19センキュウエキス

血行促進、鎮静、抗炎症効果。

20ショウガ根エキス

・ショウガ根エキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用、抗菌作用、血行促進作用、免疫増強作用、発汗作用。

21クララエキス

マメ科クララの根より得たエキス。苦参とも呼ばれる苦味成分が特徴で、発毛・収斂・抗菌・血行促進作用などを期待されます。

22オタネニンジンエキス

神経細胞活性化、免疫・抗炎症作用・血行促進作用、たんぱく質・核酸合成促進作用など多岐にわたる。

23カンゾウ根エキス

マメ科の植物甘草の根から抽出したエキス。グリチルリチン酸を豊富に含み、細胞レベルでの抗炎症作用や美白作用を期待されます。

24アラニン

25リシン

26アルギニン

27トレオニン

28プロリン

29セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

30グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

31グルタミン酸

32ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

33ジステアリン酸PEG-150

親水性の増粘剤です。

34トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコース

35ジステアリン酸グリコール

コストが安いパール化剤。典型的な白色のパール化に用いられる処方が容易な素材。

36グリコール

37ラウレス-6カルボン酸

酸性石けんと呼ばれる洗浄剤・アニオン界面活性剤。石けんといっても分類的には陰イオン界面活性剤であるが、使用感が石けんに似ているさっぱり系。石けんと違い酸性側でも安定して洗浄効果、起泡性を得られる。そして、肌に低刺激。

38ラウリミノジプロピオン酸Na

39ラウレス-5

40レシチン

天然の界面活性剤であり、水素を添加してレシチンにありがちな臭いの問題をクリアにしています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

41イソマルト

砂糖の代替品として知られる二糖アルコール。優れた吸湿性を持つ保湿剤として。

42エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

43ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

44BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

45PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

46ソルビトール

47クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

48ペンテト酸5Na

キレート剤。

49フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

50メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

51メントール

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。

52香料

香りづけ。

 

メーカーの紹介文

頭皮にやさしい洗浄成分 (ココイルグルタミン酸2Na・コカミドプロピルベタイン)を使ったシャンプーです。
ダメージで傷んでしまった髪や頭皮を優しいうるおい成分(アロエベラ葉エキス・キハダ樹皮エキス)で守り、ハリ・コシのある髪に洗いあげます。
きめ細かい泡が髪1本1本を優しく包んで、からまりやきしみを防ぎ、頭皮もすっきり。
毛先までしっとりとまとまりのいい髪へ整えます。
ローズの香りを基調にした、爽やかなハーバルフローラルの香り。
洗うたびに気持ちまでリフレッシュしてくれます。

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム解析ストアなどを運営。