ユルルカ シプレーヴァイタル シャンプー の解析


総合順位
540位
総合評価 5点満点
2.31
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
274600

[製造販売元] ナンバースリー

[商品ID] 3156
[容量]250ml
[参考価格]2484円
[1mlあたり] 約9.94
洗浄力
58%
素材
46%

安全性

28%

コスパ 

32%

環境 
60%

補修力

22%

ツヤ 
30%
感触 
28%
育毛
74%
洗浄剤
76%

ユルルカ シプレーヴァイタル シャンプー の解析

強めの洗浄性、中途半端な設定。



洗浄力の設定がやや強め。

エキスの質は比較的良いが、クレンジング+スキャルプケア系のシャンプーとしていかにも中途半端。


値段の割にクオリティを感じず、良くも悪くもない位置づけの典型で凡庸。


パレス硫酸Naを始め洗浄剤のチョイスが、一見優しいようでそうでもない。


クリーミーなようで脱脂が激しい。


良い素材もあるが、全体的に残念な処方。


ユルルカ シプレーヴァイタル シャンプー の全成分

1

2ココアンホ酢酸Na

皮膚との親和性に優れた両性界面活性剤。強い泡立ち。防腐剤フリーでベビーシャンプーにも適す。

3ココイルアラニンTEA

アミノ酸系アニオン界面活性剤です。コンディショニング効果を持ち、適度な洗浄性と安定した泡立ちが特徴。仕上がりはしっとり感やシルク系のさらりとした感触を残します。

4(C12-13)パレス-3硫酸Na

5コカミドメチルMEA

・コカミドメチルMEAは、一般的なコカミドDEAより起泡性や持続性・泡量が優れる。

6BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

7ソメイヨシノ葉エキス

メラニンの生成を抑制する作用、抗炎症・育毛・ヒスタミン遊離抑制作用などを付与します。

8マツエキス

西洋赤松の球果から抽出したエキスで、血行促進、抗炎症、収れん作用などを付与。

9センブリエキス

リンドウ科の2年草で、細胞活性作用、抗炎症・血行促進作用を付与します。

10オタネニンジン根エキス

活性成分ジンセノサイドを含有するオタネニンジンの根から採れたエキス。代謝・血行促進作用を有する。

11ダイズエキス

12加水分解エンドウタンパク

13加水分解コメタンパク

・加水分解コメタンパクは細胞の再生を促進。

14ベルガモット果実油

15ビターオレンジ花油

ネロリとも呼ばれます。リナロールが主成分で鎮痛、保湿、抗炎症、抗ウイルス作用を付与し、精油としても香りが好まれるものです。

16グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

17アラントイン

別名で5-ウレイドヒダントイン、グリオキシジウレイドとも呼ばれる、抗炎症・抗刺激作用を有する成分。アルカリ性中では分解してしまうため、弱酸性下でしか使えません。牛の羊膜から発見された代謝中間体成分ですが、うじ虫の体液にも多く含まれ、壊死した細胞を取り除き、新しい細胞の生成を促進する作用などがある。

18ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

19ポリグルタミン酸

納豆のネバネバの素がこのポルグルタミン酸です。高い保湿効果を付与し、分解されづらいため持続的に保水効果を保持します。

20クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

21乳酸

22オレス-5リン酸

23ジオレイルリン酸

24エチルヘキシルグリセリン

細菌・真菌類の防腐効果がある。

25フェノキシエタール

26ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル

27香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

ダメージをケアしながら、軽い質感でふわりと軽やかに洗うシャンプー。
ネロリやベルガモットなど、甘く落ち着いたシプレー調の香りに包まれながら、豊かな泡立ちでふんわりと洗い上げます。
ふんだんに配合された植物由来の成分が頭皮の状態を健康的に導き、植物性のタンパク質が、髪に栄養を与えます。

ユルルカ シプレーヴァイタル シャンプー の関連商品

一番上へ戻る ステータス 解説 全成分 関連商品

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。