シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アグリー フレグランスシャンプーD
(インターナショナルコスメティックス
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

アグリー フレグランスシャンプーD

インターナショナルコスメティックス


アグリー フレグランスシャンプーD のオススメレベル

アグリー フレグランスシャンプーD の解析結果

これはダメというかヤバいシャンプーです。


ラウリル硫酸&ラウレス硫酸アンモニウムに加え、カチオン界面活性剤やシリコーンまで盛り込んだド素人レベルの安物シャンプーで、
全くと言っていいほど消費者の安全を考慮していないダメシャンプーです。

かなりの感触改良剤を混ぜ込んでいるため、使用感自体は悪くないようにしているものの、
到底許容できるようなクオリティではなく、頭皮や髪をダメージさせるのは不可避と言える一品です。
どんなに安いシャンプーで済ませたくても、このレベルのシャンプーを選んではいけません。

皮膚に深刻なトラブルを招く可能性が非常に高いタイプの製品と言っても過言ではありませんので。


[PR]

アグリー フレグランスシャンプーD の全成分:

水、コカミドプロピルベタイン、ラウリル硫酸アンモニウム、ラウレス-3硫酸アンモニウム、コカミドMEA、ジステアリン酸グリコール、香料、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ベヘントリモニウムクロリド、ジメチルステアラミン、PEG-6(カプリル/カプリン酸)グリセリル、PCA- Na、パンテノール、パンテニルエチル、アモジメチコン、クエン酸、(C12-14)パレス-7、グリセリン、イソプロパノール、メチルパラベン、酢酸、トリデセス-7、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、フェノキシエタノール、赤227、赤504

主な成分の解説をみるコカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ラウリル硫酸アンモニウムは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。
ラウレス硫酸アンモニウムは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
ベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
PEG-7(カプリル/カプリン酸)グリセリズは乳化力・クレンジング能力の高い乳化剤です。
アモジメチコンはアミノ変性シリコーンで、毛髪を艷やか、滑らかな指通り性を向上させ、ドライヤーによる乾燥時間を短縮しダメージ軽減。

    アグリー フレグランスシャンプーD の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.3

  • 素材の品質:1.3
  • 安全性:1.2
  • 髪質改善効果:1.2
  • 頭皮環境改善 1.2
  • 費用対効果:1.4

  • 容量/450ml
  • 価格/682円
  • 1mlあたり/1.52円

アグリー フレグランスシャンプーD の宣伝文,商品説明:

乾燥・パーマ・ヘアカラーなどで傷んだ髪と地肌を、優しく豊かな泡立ちでスッキリきれいに洗いあげるシャンプーです。
特に傷んだ髪のためのアグリーフォーミュラ(処方)で、ハリとツヤに満ちた美しい髪に仕上げ、「アグリー」独自の優しく上品なウッディムスクの香りを長時間お楽しみいただけます。

[PR]
アグリー フレグランスシャンプーD 2017 (c)シャンプー解析ドットコム