シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アルゲトロンシャンプー
(ケンネット
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

アルゲトロンシャンプー

ケンネット


アルゲトロンシャンプー のオススメレベル

アルゲトロンシャンプー の解析結果

典型的ダメシャンプー。その中でも悪い方。


皮膚炎などを起こしたくないのであれば、できるだけ避けるべきタイプの一品といえるでしょう。
肌への浸透性、脱脂力、強い泡立ち、必要以上の洗浄力で肌も髪も使うたびにダメージを被る洗浄剤設計です。

何より、このシャンプーを「美容液シャンプー」と称していることに驚きを隠せません。

最大限に安上がりに作って、消費者の安全を完全に軽視したシャンプーと言っても過言でないくらいであるのにも関わらず、
面の皮の厚さは想像を超えるものであると、この製品を見て思うのであります。

とにかく、街で見かけても使うべきでないと強く言いたい一品です。


[PR]

アルゲトロンシャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸ナトリウム、ラウラミドプロピルベタイン、ラウリル硫酸TEA、コカミドDEA、PPGー10メチルグルコース、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-10、フェノキシエタノール、イソステアロイル乳酸ナトリウム、ベタイン、メチルパラベン、EDTA-2ナトリウム、プロピルパラベン、BG、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン、エタノール、クエン酸、カラメル、PCA-ナトリウム、紅藻エキス、ソルビトール、褐藻エキス、セリン、グリシン、グルタミン酸、オクラエキス、リシン、ポリグルタミ

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ラウリル硫酸TEAは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。
(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲンはコラーゲンの保湿とシリル化合物の伸展性、ツヤ効果、熱反応でシラノール基同士が高分子化皮膜を形成し、髪を保護。
アミノ酸各種が毛髪、皮膚に対して親和性を持つ保湿作用を与え、しなやかな感触に。
アルニカ,オドリコソウ,オランダカラシ,ゴボウ,セイヨウキズタ,ニンニク,マツ,ローズマリー,ローマカミツレは、抗菌・抗酸化・抗フケ・育毛・抗脂漏性皮膚炎を期待するエキスセットです。
[PR]
アルゲトロンシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム