シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
back.bar スキャルプケア ミントシャンプー シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

back.bar スキャルプケア ミントシャンプー

Farmavitaファーマヴィータ

back.bar スキャルプケア ミントシャンプー シャンプー解析ドットコム

back.bar スキャルプケア ミントシャンプーの格付け

☆☆☆☆

皮膚刺激レベル
★★★
☆☆
しっとり感:X
さらさら感:X
ダメージ補修力:X
健康毛適性:X
さっぱり感:〇
ハリコシ補修度:X
1mlあたり2.5円
(back.bar スキャルプケア ミントシャンプー)250ml/630円

back.bar スキャルプケア ミントシャンプーの解析結果

とても平凡な設計で安上がり感がすごい一品。


"世界中で愛されている"、"サロンユース・プロも納得"と謳うこのシャンプー。
なんとラウレス硫酸Naだけがベースの脱脂力高、泡立ち高、肌荒れが心配な一品。

ほんのわずかに非イオン界面活性剤ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルといった補助洗浄剤が刺激を少し緩和しているものの、
とてもじゃないがサロン品質にはほど遠い、日本の並の市販品にも遠く及ばないシャンプーです。

一体このシャンプーのどこを見て"プロも納得"するのか不明ですが、
今時珍しいほどに何も工夫を感じない、ただ安上がりなだけの内容といえます。

back bar とは、サロンの専売品を意味しているらしいですが、
ある意味、サロンの物置に捌けられると言う意味で back bar シャンプーと名乗った方が適切かもしれません。


主な成分の解説

ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
塩化Naはアニオン界面活性剤の増粘剤として添加されます。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルは非イオン界面活性剤。高いクレンジング効果を持ち、脱脂力が高い乳化剤として用いられます。

back.bar スキャルプケア ミントシャンプーの宣伝文,商品説明:

back.barは世界中のサロンで愛されているヘアケアブランドです。
長年の実績と経験に基づき商品開発されており、プロも納得する使用感・仕上がりを追及しています。

back.barというブランド名は開発者がサロンユースのことを真剣に考え開発されたということで、カウンターの後ろ⇒サロン専売品を意味しています。

キューティクルを締めダメージを抑え、保護・保湿するイタリア発のグローバルスタンダードヘアケアブランドです。
強い日差しで疲れた髪や頭皮を、
さっぱりとミントの香りですっきり洗い上げます。
柑橘類に多く含まれている酸で頭皮を引き締め、
頭皮環境を整えます。

back.bar スキャルプケア ミントシャンプーの全成分:

水・ラウレス硫酸Na・塩化Na・コカミドDEA・グリセリン・コカミドプロピルベタイン・ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル・水添パーム油脂肪酸PEG-200グリセリル・ポリソルベート20・クエン酸・EDTA-2Na・メチルイソチアゾリノン・メチルクロロイソチアゾリノン・青1・黄4・香料