シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ペコちゃん リンスインシャンプー(バンダイ) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ペコちゃん リンスインシャンプー

バンダイ

ペコちゃん リンスインシャンプーの格付け

☆☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★★★
しっとり感: X
さらさら感: 〇
ダメージ補修力: X
健康毛適性: X
敏感肌適性: X
さっぱり感: 〇
コシを出す感: X
ボリュームを抑える感: △
1mlあたり2.5 円
(ペコちゃん リンスインシャンプー)150 ml/399 円

ペコちゃん リンスインシャンプーの解析結果

子供用にしては、刺激性が高くオススメしません。


この系のシリーズの、"ダメーシャンプーたち"の中では幾分マシなダメーシャンプー。
どうしようもない強洗浄に、カチオン界面活性剤の刺激とタンパク変性作用を加えたダメシャンプーですが、
果実エキスや皮脂に組成が近いエモリエント成分のマカデミアナッツ油を配合して、
ややあたりは優しくなっている印象。
ただ、子供が使って許されるような優しい中身とは到底言えず、
肌を犠牲にしてまでサラサラ感を演出しようという、パッケージの印象とは随分と違った内容の一品です。


主な成分の解説

ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ココアンホジ酢酸2Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
グレープフルーツシードエキスは天然の防腐剤として添加されるケースがたまにありますが、シミの原因や光毒性の懸念があることや、不純物が含まれることが多いためにおすすめしません。
リンゴ果実エキスは糖類とミネラル類を多く含み、収斂作用、保湿作用を与えます。
マカデミアナッツ油はパルミトレイン酸を多く含み、人の皮脂に類似したエステル。
体温付近に融点があり、肌に馴染み良くタッチが良いオイルです。
サンザシエキスはバラ科サンザシの花、葉、実抽出エキス。フラボノイド、ビタミンCを多く含有し、保湿、美白、収れん作用を与えます。
ナツメ果実エキスは保湿、収れん、皮膚細胞活性化作用を有し、リパーゼを活性化することから脂肪の代謝を助ける働きもあります。
ラウロイルアスパラギン酸Naはラウリン酸とアミノ酸であるアスパラギン酸のNa塩が結合した洗浄成分。起泡性に優れ、洗浄力・泡保持性、泡切れの良さが優れる低刺激性の高級洗浄剤。
アモジメチコンはアミノ変性シリコーンで、毛髪を艷やか、滑らかな指通り性を向上させ、ドライヤーによる乾燥時間を短縮しダメージ軽減。
ジココジモニウムクロリドはヤシ油脂肪酸にプラスイオンを付加して作られるカチオン界面活性剤。しなやかに指通りを改善し、静電気抑制効果を付与。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。

ペコちゃん リンスインシャンプーの宣伝文,商品説明:

フルーツミックス成分配合で髪をしっとりなめらかに整えるリンスインシャンプーです。
フルーツミックス成分・モモ葉エキス・ブドウ葉エキス・キイチゴエキス(うるおい成分)、マカデミアナッツオイル(トリートメント成分)配合。低刺激性で目にしみにくいです。合成着色料不使用。

ペコちゃん リンスインシャンプーの全成分:

水、ラウレス硫酸Na、ソルビトール、ココアンホジ酢酸2Na、コカミドDEA、グレープフルーツ果実エキス、リンゴエキス、オレンジ果汁、レモン果汁、ライム果汁、モモ葉エキス、ブドウ葉エキス、キイチゴエキス、マカデミアナッツ油、サンザシエキス、ナツメ果実エキス、ラウロイルアスパラギン酸Na、アモジメチコン、ジココジモニウムクロリド、BG、DPG、クエン酸、塩化Na、ジステアリン酸グリコール、ポリクオタニウム-10、コカミドプロピルベタイン、ココアンホ酢酸Na、ラウレス-7、フェノキシエタノール、ステアルトリモニウムクロリド、EDTA-2Na、香科、安息香酸Na、メチルパラベン、エチルパラベン