シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
BCファイバーフォース ファイバーシャンプー(ヘンケルジャパン) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

BCファイバーフォース ファイバーシャンプー

ヘンケルジャパン


BCファイバーフォース ファイバーシャンプーの解析結果

見所なしの安物です。(値段は安くないが)


ラウレス硫酸Na・コカミドプロピルベタイン・塩化Naという強い脱脂力、その泡立ちの安定性の高さなどが特徴の安物洗浄剤をベースにした一品。

他に何が配合されていようともこのベースでは話になりません。
例えば、マルーラオイルやカチオン化ケラチンといったあたりが髪に一定のコンディショニング効果を付与する目的で配合されていますが、
粗い洗浄性から来る髪の摩擦増加(要はダメージすること)で無駄なハリ・コシ感が出てしまう、という有り様です。

ジメチコン、つまりシリコーンを投入して手触りをごまかそうとしていますが、何てことはない安物でしかありません。
添加剤の部分でさえクオリティが低い仕上がりしか望めないので、本当に根っからの安物であると見ていいでしょう。
これがオススメとなることはありません。


主な成分の解説

ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ココジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチンはカチオン化ケラチンでダメージ部に集中的に吸着するケラチンのハリ・コシ効果。
パンテノールは、プロビタミンB5という別名があるように細胞活性化、抗炎症、保湿作用を付与します。
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドはマメ科グアから採れる多糖類にカチオンをもたせたコンディショニング成分。
スクレロカリアビレア種子油はアフリカ南部、南西部に自生するマルーラの木の実から得たオイルで、優れた保湿効果を与えます。
ジオレイン酸PEG-120メチルグルコースはポチエチレングリコール・オレイン酸とメチルグルコースのジエステルでエモリエント感のある乳化・増粘剤です。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
サリチル酸 は防腐剤、ピーリング剤としての効果があり、イボ、ウオノメを除去する目的で医療でも使われます。

BCファイバーフォース ファイバーシャンプーの全成分:

水 ラウレス硫酸Na コカミドプロピルベタイン ココジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛) 加水分解ケラチン(羊毛) パンテノール グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド スクレロカリアビレア種子油 水添ヒマシ油 クエン酸 ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース 塩化Na 水酸化Na PEG-7グリセリルココエート ココアンホジ酢酸2Na ジステアリン酸グリコール PEG-40水添ヒマシ油 コカミドMEA ジメチコン ラウレス-4 安息香酸Na ラウレス-23 PG サリチル酸 メチルパラベン 香料

BCファイバーフォース ファイバーシャンプーの宣伝文,商品説明:

毛髪保護成分モイスチャーファイバー、毛髪補修成分ケラチン、保湿成分パンテノール配合。
洗いながら補修し、なめらかで指どおりのいいツヤめく髪へ導きます。
ファイバーフォースはネバネバファイバーのチカラで髪を外部からも補修、
まるで髪1本1本にストッキングをはかせたように髪を引き締めチリつくうねりやバサつきをおさえます。