シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ザ・ボディショップ グロッシング シャンプーOV 
(ザ・ボディショップ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ザ・ボディショップ グロッシング シャンプーOV 

ザ・ボディショップ


ザ・ボディショップ グロッシング シャンプーOV  のオススメレベル

ザ・ボディショップ グロッシング シャンプーOV  の解析結果

さっぱりダメ。肌と髪を傷めつけるシャンプー



ノーマル・ドライタイプ用のシャンプーのはずが、ベースはラウリル硫酸。
オリーブエキスや油性成分が加わり、ややマイルド感を意識されているものの、
ラウリル硫酸とスルホコハク酸の強い洗浄力を抑えられるほどではありません。
シリルコムギ、アミノシリコーンも配合されていることから、髪のコンディショニング効果も意識されています。

全体として、悪い意味でクレンジングシャンプーとしてのベースが特徴的で、それ以外のいい部分があまり役に立たない印象。
おすすめできないタイプだ。


[PR]

ザ・ボディショップ グロッシング シャンプーOV  の全成分:

水,ラウリル硫酸アンモニウム,コカミドDEA,ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース,スルホコハク酸ラウレス2Na,ラウリルベタイン,クオタニウム-80,オリーブ葉エキス,コムギアミノ酸,ヒドロキシプロピルポリシロキサン加水分解コムギタンパ゛ク,ハチミツ,グリセリン,PEG-40水添ヒマシ油,アモジメチコン,クエン酸,ポリクオタニウム-7,トリデセス-12,セトリモニウムクロリド,塩化Na,EDTA-2Na,フェノキシエタノール,安息香酸Na,安息香酸,ソルビン酸K

主な成分の解説をみるラウリル硫酸アンモニウムは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。
コカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
ジオレイン酸PEG-120メチルグルコースはポチエチレングリコール・オレイン酸とメチルグルコースのジエステルでエモリエント感のある乳化・増粘剤です。
スルホコハク酸(C12-14)ラウレス2Naは高い洗浄力と泡立ち力で、生分解性が良い点が特徴のやや低刺激洗浄剤。
ラウリルベタインは両性界面活性剤で、幅広いpHで安定し、低刺激で増粘効果、泡立ち増強効果を与え、毛髪柔軟、帯電防止、湿潤効果を付与。
クオタニウム-80はカチオン化したシリコーンで、毛髪への吸着性が優れシルキーな感触を付与。ツヤ、まとまり、乾燥後の仕上がりを改善します。
オリーブ葉エキスはオレウロペインを含有したエキスで、皮膚の老化を防ぎ、肌荒れを改善する効果。
アモジメチコンはアミノ変性シリコーンで、毛髪を艷やか、滑らかな指通り性を向上させ、ドライヤーによる乾燥時間を短縮しダメージ軽減。
セトリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤。

    ザ・ボディショップ グロッシング シャンプーOV  の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.6

  • 素材の品質:2
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:1
  • 頭皮環境改善 1
  • 費用対効果:1

  • 容量/250ml
  • 価格/1296円
  • 1mlあたり/5.18円

ザ・ボディショップ グロッシング シャンプーOV  の宣伝文,商品説明:

保湿成分オリーブオイルが髪のうるおいを守り、オリーブリーフエキスが頭皮のコンディションを整えます。
健康的な輝きとうるおいを与えるヘアシャンプーです。
ヘアコンディショニング成分コムギアミノ酸が、毛内部(=毛皮質)に浸透し、潤いや柔軟性を与えます。
小麦プロテイン由来成分が、皮膜効果によって、熱によるダメージからキューティクル(毛表皮)を守ります。
コミュニティトレードによってアフリカから調達したハチミツ(ヘアコンディショニング成分)が配合されています。

[PR]
ザ・ボディショップ グロッシング シャンプーOV  2017 (c)シャンプー解析ドットコム