シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
クロロフイルグリーンシャンプー
(日興製薬
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

クロロフイルグリーンシャンプー

日興製薬


クロロフイルグリーンシャンプー
クロロフイルグリーンシャンプー のオススメレベル

クロロフイルグリーンシャンプー の解析結果

殺菌と浸透と脱脂。


明らかに肌と髪を傷めつけられる高負担なシャンプーです。
ラウリル硫酸Naの強烈な浸透力も残念ですが、ピロクトンオラミンの殺菌性やTEAの発がん誘発リスクなど、まさにデメリットだらけの一品です。


迷う必要もなく、ただただ使わないようにするべき悪いシャンプーです。
オススメする点が1つもありません。


[PR]

クロロフイルグリーンシャンプー の全成分:

有効成分:ピロクトンオラミン
その他成分:銅クロロフィリンNa,ラウレス硫酸Na,ラウリル硫酸Na,ウンデシレノイル水解コラーゲンK液,ステアリン酸,濃グリセリン,ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド,ポリオキシエチレンラノリン,ヤシ油脂肪酸ソルビタン,乾燥硫酸Na,TEA,EDTA-3Na,POE(20)ヤシ油脂肪酸ソルビタン,精製水,ブチルパラベン,香料

主な成分の解説をみるピロクトンオラミンは真菌殺菌剤。しかし、殺菌という行為自体が肌刺激になり、常在菌のバランスを壊して逆に健常者の頭皮を悪化させる恐れがあります。
銅クロロフィリンNaはクロロフィルをアルカリで分解し安定化、水溶化した成分。特徴的な濃緑色の着色効果や、消臭効果、細菌抑制、創傷治癒促進効果などを与える。
ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ラウリル硫酸Naは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。
クロロフイルグリーンシャンプー

    クロロフイルグリーンシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1

  • 素材の品質:1
  • 安全性:1
  • 髪質改善効果:1
  • 頭皮環境改善 1
  • 費用対効果:1

  • 容量/200ml
  • 価格/1700円
  • 1mlあたり/8.5円

クロロフイルグリーンシャンプー の宣伝文,商品説明:

葉緑素配合のさっぱりした洗いあがりのシャンプー。
フケ、カユミ、汗の臭いを防ぎます。

[PR]
クロロフイルグリーンシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム