シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
クリアフォーメン ヘア&スカルプエキスパート シャンプー(ユニリーバ・ジャパン) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

クリアフォーメン ヘア&スカルプエキスパート シャンプー

ユニリーバ・ジャパン


クリアフォーメン ヘア&スカルプエキスパート シャンプーの格付け

☆☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★★
☆☆
しっとり感:X
さらさら感:△
ダメージ補修力:X
健康毛適性:X
敏感肌適性:X
さっぱり感:〇
コシを出す感:X
まとまり:△
1mlあたり3 円

クリアフォーメン ヘア&スカルプエキスパート シャンプーの解析結果

いろんな意味でヤバいシャンプーです。


洗浄剤が極めて安っぽいのは、このメーカーに限らず市販品のオーソドックスなタイプの典型です。
いわゆる、可能な限り安上がりな作り方をしたシャンプーといえます。

それだけではありません。

トリエタノールアミンは、亜硝酸と反応すると発がん性物質に変わってしまう性質があるのですが、硝酸Mgという、またきわどい成分を併せて配合しています。
単純に安っぽく脱脂力が強いだけならまだ良いのですが、前述の発がん性物質のきわどい配合や、人の頭を洗う物とは思えない洗浄剤の配合など、
このシャンプーの中に何らこだわりを見出だすことができない、名前を変えただけのダメシャンプーです。

男女問わずオススメは全くしない最底辺のクオリティーです。


主な成分の解説

ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
ジメチコノールは親和性が向上し、しっとりした感触を与えます。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
アミノ酸各種が毛髪、皮膚に対して親和性を持つ保湿作用を与え、しなやかな感触に。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
ピリドキシンHCl はビタミンB6ことピリドキシンの塩酸塩。卵黄にも含まれるたんぱく質や脂肪の代謝に関わる成分で、抗アレルギー作用、皮脂コントロール、肌荒れ防止目的で配合。
ヒマワリ種子油はセラミドを誘導し、肌バリヤを改善する効果。
ドデシルベンゼンスルホン酸TEAは以前は日本でも使用禁止だった肌荒れリスクの高い洗浄剤。無いに越したことはないタイプの成分です。
TEA(トリエタノールアミン)はpH調整(アルカリ)剤ですが、一定の条件が揃うと発がん性物質ニトロソアミンを生成する可能性が僅かにあります(洗い流す製品ならOK)。

クリアフォーメン ヘア&スカルプエキスパート シャンプーの全成分:

水、ラウレス硫酸Na、ジステアリン酸グリコール、ジメチコノール、コカミドプロピルベタイン、アルギニン、リシンHCl、グリシン、アラニン、セリン、バリン、イソロイシン、トレオニン、プロリン、フェニルアラニン、ヒスチジン、タウリン、ココイルメチルタウリンNa、ピリドキシンHCl、酢酸トコフェロール、ヒマワリ種子油、アスパラギン酸、PCA、塩化Na、クエン酸、コカミドMEA、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、安息香酸Na、カルボマー、EDTA-2Na、トレハロース、ドデシルベンゼンスルホン酸TEA、TEA、水酸化Na、硝酸Mg、PCA-Na、乳酸Na、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料

クリアフォーメン ヘア&スカルプエキスパート シャンプーの宣伝文,商品説明:

頭皮の奥まで浸透し、強く美しく健やかな髪へ導く男性用シャンプーです。男性の頭皮に必要な補給成分を贅沢に配合。清涼感溢れるスパークリングフルーティの香り。