シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
クリームシャンプー (資生堂  ) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

クリームシャンプー

資生堂

クリームシャンプー

クリームシャンプー の格付け

☆☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★★
☆☆
しっとり感:X
さらさら感:X
ダメージ補修力:X
健康毛適性:X
敏感肌適性:△
さっぱり感:〇
コシを出す感:X
まとまり:X
1mlあたり2.3 円
355 ml/840 円

クリームシャンプー の解析結果

いかに安く作るかだけを追求したタイプの、ほとんど価値を見いだせないシャンプー。


限りなく安上がりに作ったベースに、多少の油剤を放り込んだだけというある意味潔いくらいに中身のない一品。
800円というプライス以上に安っぽさを感じるクオリティで、並の市販シャンプーの方が遥かに努力しているレベルです。

パール化剤や油剤を加えた安っぽいシャンプーより安っぽい内容で、
100円均一レベルといい勝負ができるほどの駄作。
肌への浸透性は抑えられているものの、脱脂力は充分に強いため肌の乾燥は免れません。
添加剤もほとんど肌への気配りは感じられず、ただただチープに仕上げた残念シャンプー。


主な成分の解説

ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ラウロアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。

ベースの洗浄剤はとても強力で、脱脂力はトップクラス。極めつけにラウレス硫酸TEAを配合し、強力な脱脂力を更にパワーアップしています。

その他の成分をピックアップすると、
PEG-5-PPG-65ペンタエリスリチルは低臭化ポリエーテルで、製品のケーキング防止、つまりは品質安定剤として用いられる油剤です。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。

クリームシャンプー の全成分:

水 ,ラウレス硫酸Na,ラウロアンホ酢酸Na, ラウレス硫酸TEA,ジステアリン酸グリコール,コカミドMEA,グリセリン,ポリクオタニウム-10,クエン酸 ,安息香酸Na,ポリソルベート60,PEG-5-PPG-65ペンタエリスリチル,EDTA-2Na,BHT ,香料 ,黄4

クリームシャンプー の宣伝文,商品説明:

髪をしっとりとつややかに洗い上げるクリーム状シャンプー。