シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ナプラ HBファンタスケアC シャンプー シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ナプラ HBファンタスケアC シャンプー

ナプラ


ナプラ HBファンタスケアC シャンプーの格付け

☆☆☆☆

皮膚刺激レベル
★★★
☆☆
洗浄力:◯
安全性:X
補修力:X
潤滑性:X
うるおい:X
1mlあたり5円
200ml/1050円

ナプラ HBファンタスケアC シャンプーの解析結果

これは悪いシャンプーです。



注意点

パレス3硫酸Naの脱脂力の高さに加え、ラウリル硫酸Naと尿素という、浸透性自慢の成分が主役を張り、
お世辞にも肌に優しいとは言えない駄作に仕上がっています。


総評

脱脂力が高すぎ、かつ肌刺激を起こす可能性が標準よりずっと高いシャンプーです。
オススメな感じは全くなく、どんなタイプであれ適さない一品といえるでしょう。

両性界面活性剤やアミノ酸系洗浄剤が少し添加されている影響で幾分タッチはマイルドですが、
実際には激しく脱脂・浸透を繰り返し肌と髪を傷めるタイプですのでお気をつけ下さい。


主な成分の解説

(C12、13)パレス-3硫酸Naは耐硬水性、水への溶解性に優れたキメの細かいソフトな泡の洗浄剤。高い洗浄力、脱脂力が特徴。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ラウロアンホ酢酸Naは両性界面活性剤。肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与え、洗浄剤の刺激を抑制します。
ココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
ラウリル硫酸Naは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。
尿素は肌、髪に浸透して保湿作用を与える肌本来の保湿成分。
加水分解コムギタンパクは酸性アミノ酸を多く含むコムギタンパク分解物。毛髪や肌のアミノ酸と親和性が強く皮膜形成や保湿作用を付与します。
セイヨウオトギリソウエキス,カミツレ花エキス,フユボダイジュ花エキス,トウキンセンカ花エキス,ヤグルマギクエキス,ローマカミツレ花エキスは乾燥肌用,抗炎症、血行促進作用。

ナプラ HBファンタスケアC シャンプーの宣伝文,商品説明:

カラーヘア用に適した、滑らかに洗い上げる弱酸性のヘアサロン専売品シャンプーです。
6種類の植物保湿成分と魚由来の海洋性コラーゲン配合。
カラーリングにより痛んだ髪に、潤いを与え、色落ちを抑えます。
美しいカラーヘアを長持ちさせます。

全成分:

水、(C12・13)パレス-3硫酸Na、コカミドDEA、コカミドプロピルベタイン、ラウロアンホ酢酸Na、ココイルグルタミン酸TEA、ポリクオタニウム-10、クエン酸、ラウリル硫酸Na、BG、尿素、加水分解コムギタンパク、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解コラーゲン、加水分解シルク、加水分解コムギデンプン、オトギリソウエキス、カミツレエキス、シナノキエキス、トウキンセンカエキス、ヤグルマギクエキス、ローマカミツレエキス、安息香酸Na、EDTA-2Na、メチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン、香料