シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
フォーエバー シャンプー(FLP) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

フォーエバー シャンプー

FLP

フォーエバー シャンプー

フォーエバー シャンプーの格付け

☆☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★★★
しっとり感: X
さらさら感: X
ダメージ補修力: X
健康毛適性: X
敏感肌適性: X
さっぱり感: 〇
コシを出す感: △
まとまり: X
1mlあたり16 円
240 ml/3990 円

フォーエバー シャンプーの解析結果

全く無価値と言っていい、ダメシャンプーです。


高額でしかも最低レベルの品質の洗浄剤を据えた、完全に利益重視型のシャンプーです。

成分を見ていくと、
ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ラウリル硫酸Naは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。
ラウリルベタインは両性界面活性剤で、幅広いpHで安定し、低刺激で増粘効果、泡立ち増強効果を与え、毛髪柔軟、帯電防止、湿潤効果を付与。
アロエ液汁は抗炎症、線維芽細胞増殖促進、抗菌作用を持つエキスです。
加水分解コラーゲンは牛や豚の骨や皮、鮭など魚の皮等を加水分解して得られるPPTで、保湿効果と柔軟性を与えます。
ソルビン酸Kは非常にマイルドな食品にも使われる防腐剤。
PEG-75ラノリンはエモリエント効果を与える非イオン界面活性剤。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。

総合すると、
どんな理由があれ使うべきではないシャンプーです。
肌荒れを招く危険性が非常に高く、このような粗悪品は一部の海外製シャンプー以外ではもう見られなくなってきました。
これが100円ならまだ下、 4,000円近い値付けというのはもはや理解不能です。
やめておきましょう。

フォーエバー シャンプーの宣伝文,商品説明:

天然保湿成分(アロエベラ液汁)を配合したシャンプーです。髪のうるおいを守りながら汚れをやさしく落とし、しなやかに洗い上げます。

フォーエバー シャンプーの全成分:

アロエベラ液汁, 安息香酸Na, イソプロパノール, 加水分解コラーゲン, クエン酸 ,           香料, コカミドDEA, ソルビン酸K, 水, PEG-75ラノリン, ポリオクタニウムー10, ホホバ油, メチルパラベン, ラウレス硫酸Na, ラウリル硫酸TEA, ラウリルベタイン,