シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
北海道良品 ラベンダー シャンプー(北海道良品) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

北海道良品 ラベンダー シャンプー

北海道良品

北海道良品 ラベンダー シャンプー

北海道良品 ラベンダー シャンプーの格付け

☆☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
☆☆☆☆
しっとり感: X
さらさら感: △
ダメージ補修力: X
健康毛適性: X
敏感肌適性: X
さっぱり感: 〇
コシを出す感: ◎X
まとまり: X
1mlあたり2.5 円
1000 ml/2520 円

北海道良品 ラベンダー シャンプーの解析結果

純粋にダメなシャンプーです。


これはだめ。あまりにも強い脱脂・刺激性を持つ洗浄剤に、刺激・タンパク変性作用が特徴のカチオン界面活性剤を配合。

シリコーンでごまかし、香りでごまかし、全くいいとこなしの駄作で見る価値もありません。

成分を見ていくと、
ラウリル硫酸Naは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。
ラウリルベタインは両性界面活性剤で、幅広いpHで安定し、低刺激で増粘効果、泡立ち増強効果を与え、毛髪柔軟、帯電防止、湿潤効果を付与。
極めて安上がりで、肌には最悪レベルの肌荒れ誘発洗浄料。

さらに悪いことに、このダメっぷりを誤魔化すために配合する脇役が、、ジメチコンコポリオールはポリエーテル変性シリコーンで、毛髪、皮膚により優れた滑り、保湿性を付与します。
ステアルトリモニウムブロミド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善しますが、肌に直接塗るのはNG。タンパク変性作用や刺激性が非常に高い部類であるため。

総合すると、
脱脂し過ぎで髪、頭皮ともにダメージを免れないタイプの洗浄剤設計です。
皮膚炎などを起こしたくないのであれば、できるだけ避けるべきタイプの一品といえるでしょう。
ラベンダーの香りに誘われて使ってしまっては、美肌、美髪を維持することは極めて難しくなります。
やめときましょう。

北海道良品 ラベンダー シャンプーの宣伝文,商品説明:

ラベンダーアロマオイル配合。
ラベンダーアロマオイルの爽やかな香りが心地よいバスタイムを演出し、頭皮の余分な皮脂や毛穴の汚れを優しく洗い、頭皮、毛髪を清潔にし、ドライヤーの熱やカラーリングで傷んだ毛髪を補修するタウリンも配合。弱酸性です。

北海道良品 ラベンダー シャンプーの全成分:

水・ラウリル硫酸Na・ラウリルベタイン・コカミドDEA・PG・ポリクオタニウムー10・ラウロイルメチルタウリンNa・オクチルドデカノール・ジメチコンコポリオール・ステアリルトリモニウムブロミド・メチルパラベン・クエン酸・ラベンダー油・エチルパラベン・プロピルパラベン・ローズウッド木油・イランイラン油