シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
エナジーシャンプー ムウム(MUMU)(Wack プランニング株式会社) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

エナジーシャンプー ムウム(MUMU)

Wack プランニング株式会社

エナジーシャンプー ムウム(MUMU)

エナジーシャンプー ムウム(MUMU)の格付け

★★★
☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★
☆☆☆
しっとり感: △
さらさら感: X
ダメージ補修力: △
健康毛適性: △
敏感肌適性: 〇
さっぱり感: △
コシを出す感: X
まとまり: △
1mlあたり26.25 円
320 ml/8400 円

エナジーシャンプー ムウム(MUMU)の解析結果

大きな特徴として、ベースがフムスエキスである、というシャンプーです。


フムスエキスとは?
フムスエキスは海底から採れる珪藻土を原料としたエキスで、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、フルボ酸を含有。皮膚代謝活性、ヒアルロン酸様の保湿効果、抗アレルギー作用を付与。
このメーカーが得意そうな成分ですね。
このエキスの水溶液をベースに。ラウラミドプロピルベタインは両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
ラウレス-6酢酸Naは酸性石けんと呼ばれる弱酸性でも泡立ち、洗浄できるタイプの洗浄剤。非常に肌にマイルドで、かつ洗浄力、泡立ちに優れるさっぱりタイプのアニオン界面活性剤。
洗浄剤は非常にマイルドで、かつ洗浄力は充分にあるタイプですね。
その他の成分をピックアップしてみましょう。
水溶性プロテオグリカンは鮭の鼻軟骨由来の抗シワ、保湿、コラーゲン産生促進、肌荒れ改善、皮膚弾力改善効果、美白効果。
ホウセンカエキスは抗酸化作用、美白作用を付与。
ヒトオリゴペプチド-1EGF(上皮成長因子)という1986年にスタンレー・コーエン博士がノーベル賞を受賞した皮膚の表皮層を飛躍的に成長・再生・修復活性化させる成分。
何やら高価な美容液のような成分が配合されていますが、様々な理由でこれらの成分本領を見ることは難しい設計と感じられます。

あくまでも、そういう成分が入っていることに満足感を覚える程度にして、これらの成分のおかげで頭皮が蘇る、というほど期待してはまずいでしょう。

総合すると、
ユニークなシャンプーであることは間違いありません。
フムスエキスをベースにして、肌の代謝促進を狙った設計であることは明白な一品です。

そういった意味では楽しめる部分があるシャンプーですが、
あとは値段との兼ね合いです。
この内容のシャンプーに見合った価値だ、と思える方ならいいでしょう。
一理あるところもありますが、このシャンプーをオールインワンとは思えません。
むしろ、使ってみると色々と欠けていることにすぐ気づくはずです。

エナジーシャンプー ムウム(MUMU)の宣伝文,商品説明:

エイジングケア・エナジーシャンプー「ムウム」は、ヘッドスパに必要な頭皮クレンジング+シャンプー+コンディショニング +頭皮環境をサポート。
髪にハリ/コシ/ボリューム/ツヤを与えるオールインワンのエイジングケア シャンプーです。

エナジーシャンプー ムウム(MUMU)の全成分:

フムスエキス・水・ラウラミドプロピルベタイン・ラウレス-6酢酸・コカミドDEA・水溶性プロテオグリカン・ホウセンカエキス・ヒトオリゴペプチド-1・デキストリン・リン酸Na・エチドロン酸・レシチン・ポリクオタニウムー10・ダイズ油・フェノキシエタノール・エタオール・1,2ヘキサンジオール・カプリリルグリコール・香料(レモンパーム)