シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
パミロール シャンプーレギュラー クラス(パミロールインターナショナル) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

パミロール シャンプーレギュラー クラス

パミロールインターナショナル

pamiregyu-sm

パミロール シャンプーレギュラー クラスの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★
☆☆☆
しっとり感: △
さらさら感: X
ダメージ補修力: X
健康毛適性: X
敏感肌適性: △
さっぱり感: △
コシを出す感: △
まとまり: X
1mlあたり5.6 円
500 ml/2800 円

パミロール シャンプーレギュラー クラスの解析結果

ややマイルド感を目的としたシャンプーのようです。


ベースにはPOEヒマシ油という、非イオン界面活性剤に属する乳化剤を据え、たとえばメイククレンジングのような穏やかに油を浮かせ流すタイプの成分を採用。
補助的にラウレス硫酸ナトリウムを配合しているものの、中心となる非イオン界面活性剤によってマイルド感が目立つ内容です。

マイルドとはいえ、優れた製品であるかというと微妙なところ。

成分を見ていくと、
ポリオキシエチレンヒマシ油は比較的安全性の高い乳化剤です。
ラウラミドDEAも非イオン界面活性剤で、ラウリン酸ジエタノールアミドとも呼ばれる界面活性剤の種類の中の一つ。
ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
レゾルシンは、殺菌剤、防腐剤。
ポリビニルピロリドン(PVP)は水に溶けると増粘、結合作用を示す合成ポリマーで、乾燥すると突っぱるようなハリを与える。ただし、吸湿性があり、湿度が高いとハリを失う。

まとめると、
さっぱり感はほどほどに、皮脂をオイルで浮かせるような感触の一品です。
洗浄性は中途半端に低くも高くもなく、頭皮環境を良くするでもなく、コンディショニング効果などほとんどなく、
あまり使い道が思い浮かばないタイプの半端な一品。

パミロール シャンプーレギュラー クラスの宣伝文,商品説明:

髪と頭皮を守りながら、潤いを与えるヘアサロン専売品シャンプーです。
べたつかず、さらっとした指通りに整えます。

パミロール シャンプーレギュラー クラスの全成分:

水、ポリオキシエチレンヒマシ油、ラウラミドDEA、エタノール、ラウレス硫酸Na、レゾルシン、PVP、塩化Na