シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
PRO TEC(プロテック) 泥SPA リンスインシャンプー シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

PRO TEC(プロテック) 泥SPA リンスインシャンプー

Lion

PRO TEC(プロテック) 泥SPA リンスインシャンプー

PRO TEC(プロテック) 泥SPA リンスインシャンプー の格付け

☆☆☆☆

皮膚刺激レベル
★★★★★
しっとり感:X
さらさら感:△
ダメージ補修力:X
健康毛適性:X
さっぱり感:〇
ハリコシ補修度:△
1mlあたり3円
160ml/498円

PRO TEC(プロテック) 泥SPA リンスインシャンプー の解析結果

最低レベルのシャンプーの1つと言って過言ではありません。


どうぞ御覧ください。こういうシャンプーが、だめなシャンプーです、という見本のような作り。

成分を順に見ていくと、
ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
メントールの清涼作用。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)はリンスでおなじみ柔軟剤成分ですが、刺激性がとても強く、強いタンパク変性作用を有するため頭皮につけたり、洗い流さない製品への配合はNG。
その他、アミノ変性シリコーンやベントナイト、海藻エキスなどで構成された一品。

単純にだめなシャンプーであり、しかも端の上塗りを塗ったくっている印象。
よくあるダメシャンプーの典型的な例の1つと言えるでしょう。
粗悪な洗浄剤をシリコーンでさも感触が良いように見せかけ、
なおかつ、肌に負担の大きいカチオン界面活性剤を容赦なく投入している点も悪質。

肌バリヤが一掃されるどころか、蛋白変性作用により細胞毒にもなりえる一品です。

全く消費者の安全を無視した作りで、ダメシャンプーと呼ぶには充分すぎる内容と結論づけます。

PRO TEC(プロテック) 泥SPA リンスインシャンプー の宣伝文,商品説明:

皮脂除去成分配合の薬用リンスインシャンプーです。
皮脂除去成分配合のジェルが毛穴の奥の汚れまでスッキリ落とします。
オクトピロックス(ピロクトン オラミン)配合でフケ、かゆみを防ぎます。
天然泥成分(スメクタイト(ベントナイト))配合。
髪をなめらか、サラサラに仕上げます。
医薬部外品。
@

全成分:

ラウレス硫酸Na、ラウリン酸ポリグリセリル、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、ジメチコン、ジステアリン酸グリコール、メントール、高重合ジメチコン-1、塩化ステアリルトリメチルアンモニウム、香料、クエン酸、エタノール、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液、アミノエチルアミノプロピルシロキサン・ジメチルシロキサン共重合体エマルション、POEセチルエーテル、POE水添ヒマシ油、ベントナイト、リン酸2Na、BG、エデト酸塩、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、海藻エキス-5、海藻エキス-1、安息香酸Na、安息香酸、緑201、黄5、赤106