シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
 ロシアンアンバーインペリアルシャンプー(PHILIP B.(フィリップビー) ) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ロシアンアンバーインペリアルシャンプー

PHILIP B.(フィリップビー)

ロシアンアンバーインペリアルシャンプーの格付け

☆☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★★
☆☆
しっとり感: X
さらさら感: △
ダメージ補修力: X
健康毛適性: X
敏感肌適性: X
さっぱり感: 〇
コシを出す感: X
ボリュームを抑える感: X
1mlあたり 51円
( ロシアンアンバーインペリアルシャンプー) 355ml/ 17850円

ロシアンアンバーインペリアルシャンプーの解析結果

のっけから突っ込みどころの多い不思議な製品ですが、
まず、ラウレス硫酸Naでスタート。非常に洗浄力が高く、泡立ちが強いシャンプーですね。
そして、次に香料!
香料がどんだけ多いのか、もしくは他がどれだけ配合量少ないのか、ということになりますが、
普通に考えて香料がやたら多いのでしょう。とてもニオいそうなシャンプーですね。
ミリスチン酸PPG-3ベンジルエーテル。これは感触改善剤で、わりと手っ取り早く手触りをよくしたい場合に投入されるイメージがあります。
その後、数多くの成分が配合されていますが、大きく分けて香りを放つ化学成分、アミノ酸各種、抗炎症・保湿系のエキスといったところに分けられ、
種類が多い割に目立つような効能のないシャンプーですね。
ふと値段を見て、何かの間違いではないかとおもったのですが、
色んな意味で有り得ない駄作と思います。
そんな値段をつけるなら、香りどうこう言う前に洗浄剤をこの安物から変えるべきと考えます。

ロシアンアンバーインペリアルシャンプーの宣伝文,商品説明:

ダメージを受けた髪の1本1本までなじんで健やかで美しい髪に洗い上げます。
11種類のアミノ酸とカミツレ・ブドウ種子・ローズマリー・セイヨウイラクサ・
ゴボウ・セージなど豊富な植物エキスが髪になじんで弾力のある
しなやかで美しい髪に仕上げます。
数種の天然香料の香りが五感に働きかけます。

ロシアンアンバーインペリアルシャンプーの全成分:

水、ラウレス硫酸Na、香料、ミリスチン酸PPG-3ベンジルエーテル、ジステアレス-751PD1、ジステアリン酸PEG-150、コカミドプロピルベタイン、コカミドMEA、デシルグルコシド、PCA-Na、乳酸Na、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、PEG-7(カプリル/カプリン酸)グリセリル、クロルフェネシン、シア脂、カラメル、フェノキシエタノール、安息香酸ベンジル、グリセリン、ポリソルベート20、ゴボウ根エキス、カミツレ花エキス、セイヨウイラクサエキス、ローズマリーエキス、セージ葉エキス、ブドウ種子油、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、クエン酸、エチルヘキシルグリセリン、フィタントリオール、パンテノール、アンソッコウエキス、安息香酸、ケイヒ酸、ベンズアルデヒド、バニリン、ヨーロッパヤマナラシ樹皮エキス、安息香酸Na、黄色4号、α-イソメチルイオノン、安息香酸ベンジル、シトロネロール、クマリン、ヘキシルシンナマル、ヒドロキシシトロネラール、ヒドロキシイソヘキシル-3-シクロヘキセンカルボキシアルデヒド、リナロール