シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
薬用スカルプD スカルプシャンプー オイリー シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

薬用スカルプD スカルプシャンプー オイリー脂性肌用:

アンファー

薬用スカルプD スカルプシャンプー オイリー[脂性肌用]

薬用スカルプD スカルプシャンプー オイリー脂性肌用: の格付け

★★★
☆☆

皮膚刺激レベル
★★★
☆☆
しっとり感:△
さらさら感:〇
ダメージ補修力:X
健康毛適性:△
さっぱり感:X
ハリコシ補修度:△
1mlあたり約10.8円
350ml/3800円

薬用スカルプD スカルプシャンプー オイリー脂性肌用: の解析

少し前までラウリル硫酸シャンプーだったスカルプDオイリー。

かなり頻繁にモデルチェンジするので、同じ製品名でも中身の性格がころころ変わる印象が拭えない。
ちなみに、一部の"評論家"の方が「危険なピロクトンオラミンがメインのシャンプー」というような分析をしていたが、
単に医薬部外品の表記の仕方で、「有効成分」という医薬部外品と名乗れる成分を先頭に書いてあるだけ。
配合量が1番多いわけではないので、訂正された方がよろしいかと。

「水」の表記がないのも医薬部外品ならではだが、
書いても、書かなくてもいいし、配合量の多い順に書いても、書かなくてもいい、というような、曖昧な分野がこの「医薬部外品」だ。
一昔前は全成分すら書かなくてよかったくらいだ。

内容は色々変更されたが、
アミノ酸洗浄剤(アスパラギン酸Na,etc..)と両性界面活性剤、非イオン界面活性剤でベースを構成。

マイルドであるが、わりと皮脂や汚れを除去させる性質を持たせている。
いわゆるコンディショニング効果もアミノ酸系成分とコラーゲン、リン脂質、ペリセアといった成分が指通りやダメージ修復効果。
そして、スカルプDといえば、ピロクトンオラミン。
これは、殺菌剤であるが、特に真菌向け。
真菌というのは、いわゆる水虫の原因菌であり、脂漏性皮膚炎にも有効とされる成分。

単純な疑問であるが、このシャンプーを使う方は、頭に水虫薬を塗る必要に迫られているのだろうか。
皮膚には、「常在菌」というむしろ頭皮を健全な状態に保つために働いている菌がたくさんいます。

殺菌するということは、その菌たちも犠牲になるということで、
ピロクトンオラミンが必要の無い方が使うにはリスキーな成分となります。
もし、薄毛をどうにかしたいと思って購入を考えているのなら、賢明な判断と言えるかどうか甚だ疑問。

「脂漏性皮膚炎対策シャンプー」だったら割と説得力あるのですが。

豆乳発酵液あたりは、ダイズイソフラボンの女性ホルモン様作用による育毛効果を狙っているのがわかります。
全体として、やはりこのレベルであればもっと素晴らしい育毛系シャンプーはたくさんありますし、
殺菌剤の必要性は依然疑問符がつきます。
エキス系も頭皮改善効果を期待されているものですが、それほど特別な存在ではなく、
どうも決定力に欠ける印象。
内容が短期間に大きく変わる面もあり、まだ迷走しながら作っているような感じに見えなくもありません。

薬用スカルプD スカルプシャンプー オイリー脂性肌用: 宣伝文,説明文:

頭皮の毛穴に詰まった余分な皮脂、汗やホコリなどの汚れはもちろん、
落としにくいスタイリング剤もスッキリ洗い流すシャンプーです。

【特 長】
◆ベタつき、ふけ、かゆみを防ぎ、頭皮を清潔に保ちます。
◆豊富でキメ細応かい泡が汚れをキレイに取り除き、含有成分が頭皮環境を整えます。


全成分:

有効成分:ピロクトンオラミン,グリチルリチン酸2K,サリチル酸 その他の成分:豆乳発酵液,脂肪酸(12,14)アシルアスパラギン酸Na液,ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド,ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液,ラウリン酸アミドプロピルベタイン液,ラウリン酸アミドプロピルジメチルアミンオキシド液,モノラウリン酸ポリグリセリル,ヤシ油脂肪酸N-メチルエタノールアミド,コレステロール,ヒドロキシエタンジホスホン酸液,N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-アルギニンエチル・DL-ピロリドンカルボン酸塩,グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体,ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液,バンジロウ葉エキス,ニンジンエキス,ホウセンカエキス,ヒアルロン酸Na-2,水溶性コラーゲン液,水添大豆リン脂質,酵母エキス-3,党参抽出物加水分解液,10-ヒドロキシデカン酸BG,クリサンテルムインディクム抽出液,ユニトリエノール T-27,フィトスフィンゴシン,オトギリソウエキス,ユーカリ油,スペアミント油,ハッカ油,オレンジ油,BG,濃グリセリン,1、2-ペンタンジオール,ソルビトール液,塩化Na,無水エタノール,粘度調整剤,pH調整剤

前バージョン:有効成分:ピロクトンオラミン、グリチルリチン酸2K、サリチル酸 その他の成分:豆乳発酵液、ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、ヤシ油脂肪酸サルコシンナトリウム液、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、ラウリン酸アミドプロピルジメチルアミンオキシド液、ソルビトール液、ヤシ油脂肪酸N-メチルエタノールアミド、 ニンジンエキス、党参抽出物加水分解液、ホウセンカエキス、オオバナサルスベリエキス、グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体、ユニトリエノールT-27、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L−アルギニンエチル・DL−ピロリドンカルボン酸塩、 10-ヒドロキシデカン酸BG、フィトスフィンゴシン、オトギリソウエキス、クリサンテルムインディクム抽出液、ユーカリ油、ハッカ油、オレンジ油、スペアミント油、N-カプリロイルアシルグリシン、 セリン、濃グリセリン、BG、1,2-ペンタンジオール、エタノール、無水エタノール、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、粘度調整剤、pH調整剤

[スポンサーリンク]
5つ星をかんたん購入なら
シャンプー解析ドットコムオフィシャルストア 解析ストア
薬用スカルプD スカルプシャンプー オイリー(c)2017 BESMA.Co