シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
フィネス テクスチャーエンハンシングシャンプー(フィネス) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

フィネス テクスチャーエンハンシングシャンプー

フィネス

フィネス テクスチャーエンハンシングシャンプー


フィネス テクスチャーエンハンシングシャンプーの格付け

☆☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★★★
しっとり感:X
さらさら感:X
ダメージ補修力:X
健康毛適性:X
敏感肌適性:X
さっぱり感:◯
コシを出す感:X
まとまり:X
1mlあたり7 円
384 ml/2720 円

フィネス テクスチャーエンハンシングシャンプーの解析結果

最悪なシャンプーの見本のような一品。


ラウリル硫酸、ラウレス硫酸アンモニウムをベースに据えた今どき珍しいほどの粗悪品

脱脂力が強すぎるのは言うまでもなく、肌への浸透性が高いために過度に皮膚(髪)を傷めつけます。

乾燥肌や肌荒れに一直線、もしわざと肌や髪をダメージさせたい場合はこれを選ぶであろう一品。

大げさではなく、このタイプのシャンプーが昔ヨーロッパで主流だった時代に、肌荒れの患者が急増した実績もあるわけですから、
今どき好んで使うようなシャンプーでは決してないと声を大にして言いたいのです。

これこそが、本当に最悪なシャンプーの見本と心得るべき。


主な成分の解説

ラウリル硫酸アンモニウムは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。
ラウレス硫酸アンモニウムは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
シルクパウダーはカイコの絹繊維を構成している繊維状タンパク質の粉末でグリシン(鎮静作用)、セリン(保湿作用)などのアミノ酸から成る成分。 光をソフトに反射し肌の表面をきめこまかく仕上げ、ヒスチジンという成分が紫外線を吸収してくれ、程よいツヤを与える。
加水分解ダイズタンパクはダメージ部に吸着し、保湿、補修効果を付与。
ジメチコノールは親和性が向上し、しっとりした感触を与えます。
マイカ(雲母)はツヤ感と透明感が特徴。花崗岩などを由来としているため、光沢が美しい特徴があります。

フィネス テクスチャーエンハンシングシャンプーの全成分:

水、ラウリル硫酸アンモニウム、ラウレス硫酸アンモニウム、コカミドMEA、シルクパウダー、加水分解大豆タンパク質、PEG-5コカミド、香料、塩化アンモニウム、カルボマー、ジメチコノール、PPG-9、グアーヒドロキシプロピルトリモニウム、EDTA4ナトリウム、DMDMヒダントイン、TEA-ドデシルベンゼンサルフェート、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、マイカ(Cl 77019)、二酸化チタン(Cl77891)

フィネス テクスチャーエンハンシングシャンプーの宣伝文,商品説明:

コンディショニングと輝きのコートで毛幹を保護するシルクタンパクと大豆タンパクを含んでいます。
あなたの髪がどのような状態でも、使った結果は常に美しい髪です。