シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
megami no wakka トリートメント
(RBP
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

megami no wakka トリートメント

RBP


megami no wakka トリートメント のオススメレベル

megami no wakka トリートメント の解析結果

ほんのり潤い系のコンディショナー。


単体ではさほど有益な仕上がりとは言いづらい。

良いシャンプーとセットで使うのが前提のような、おまけ的製品と見るべきでしょう。

効果は潤い感がメインで、ややさらっとした仕上がり。継続性はない。


バランスよく潤い、ハリコシ、サラサラ感を補うが、効果自体は薄い。


[PR]

megami no wakka トリートメント の全成分:

水、水添ナタネ油アルコール、グリセリン、ステアルトリモニウムブロミド、BG、マカデミアナッツ油、ヤシ油、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解シルク、フムスエキス、アルガニアスピノサ核油、ツバキ種子油、ハトムギ種子エキス、ダイマージリノール酸(フィトステリル / イソステアリル / セチル / ステアリル / ベヘニル)、グルタミン酸、アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCI、ヒドロキシエチルセルロース、イソステアリン酸、エタノール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料

主な成分の解説をみる水添ナタネ油アルコールはエモリエント効果、保護効果、光沢を与える乳化剤、油性基剤。
ステアルトリモニウムブロミド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。比較的低刺激。
マカデミアナッツ油はパルミトレイン酸を多く含み、人の皮脂に類似したエステル。肌なじみが非常によく、保湿効果も高い。
フムスエキスは海底から採れる珪藻土を原料としたエキスで、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、フルボ酸を含有。皮膚代謝活性、ヒアルロン酸様の保湿効果、抗アレルギー作用を付与。
アルガニアスピノサ核油は、モロッコ南西部に自生する広葉常緑樹アルガンの種子から採れるオイルで、ビタミンEの含有量が多く抗酸化作用があり、エモリエント作用も期待されるオイルです。
ツバキ種子油カメリア種子油と呼ばれ、肌や髪にとてもなじみやすい保湿オイルとして使われます。
ハトムギ種子エキスは保湿、肌荒れ改善、メラニン生成を抑制、表皮細胞増殖促進作用。
ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ ベヘニル) (プランドゥールSH)はラノリンと同等の抱水性と、ツヤ、光沢性の付与、密着性の高さが特徴。
トリ(カプリル/カプリン酸)トリメチロールプロパンは保湿作用を与える閉塞剤。
アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHClはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、生分解性に優れ滑らかな感触を付与します。
ヒドロキシエチルセルロースはセルロース誘導体の一種で、粘度の調節、着色料の沈殿防止、接着力の増強などの目的で配合されます。

    megami no wakka トリートメント の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.4

  • 潤滑性 2.8
  • 効果の深さ:2
  • 補修力:3.1
  • 持続性:2.2
  • 安全性:2.8
  • 即効性 2.4
  • 費用対効果:2.4

  • 容量/500ml
  • 価格/1800円
  • 1mlあたり/3.6円

megami no wakka トリートメント の宣伝文,商品説明:

サラサラ&ふわふわな髪に導くトリートメントです。
トリートメントはフルボ酸やシルクアミノ酸により多元素ミネラルとプロテインを補給し、ココナッツオイルなど5種類のオイルをたっぷり配合。
ツヤツヤの美髪に仕上げます。
ノンシリコン処方。