シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アクセーヌ ヘアケア コンディショナー
(アクセーヌ
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

アクセーヌ ヘアケア コンディショナー

アクセーヌ


アクセーヌ ヘアケア コンディショナー のオススメレベル

アクセーヌ ヘアケア コンディショナー の解析結果

極めてちょっとした油分補給に留まります


そもそも低刺激性を売りにしているため、こういった設計になったのだと認識していますが、
満足感を得るには少々パワー不足か。


オイル主体でやさしいのは確か


皮膚刺激の原因として筆頭であるカチオン界面活性剤もほぼ存在感を消し、エステルオイル主体によるべたつかない油分補給によってスムース感を与えようとしています。
一定の油分を残してい安全性も高いため、肌に不安のある方にとってはメリットがあります。
ただ、バランスとしてはコンディショニング効果をもう少し高められる余地があるのかな、という印象が強いです。


[PR]

アクセーヌ ヘアケア コンディショナー の全成分:

水.ミリスチルアルコール.グリセリン.ベヘニルアルコール.ジメチルステアラミン.ステアリン酸グリセリル.パルミチン酸イソプロピル.DPG.乳酸.アジピン酸ジイソブチル.オリーブ油.水添パーム油.PEG-60水添ヒマシ油.脂肪酸(C10-30)(コレステリル/ラノステアリル).水酸化Na.水添ダイズ油.オレイルアルコール.オレフィンオリゴマー.フェノキシエタノール

主な成分の解説をみるベヘニルアルコールは菜種油から抽出した油剤で、融点が高くしっとりした感触を特徴とします。乳化安定性が優れた油性成分です。
パルミチン酸イソプロピルはパーム油からパルミチン酸を、イソプロパノール(アルコールの一種)と化合したエステル油。軽い感触でベタつきなく、浸透性、柔軟性が良い油性基剤。
アジピン酸ジイソプロピルは油溶性が高く難溶性物質溶解に優れ、皮膚への浸透性が高くさっぱりした感触。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
脂肪酸(C10-30)(コレステリル/ラノステリル)は皮膚や毛髪に密着して乾燥をふせぐ保湿剤として、また柔軟性や弾力を与える効果があります。
オレフィンオリゴマーはスクワランと似た感触の合成炭化水素です。油性基剤やエモリエント性を付与します。

    アクセーヌ ヘアケア コンディショナー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.2

  • 潤滑性 2.5
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:1.5
  • 持続性:1.5
  • 安全性:2.5
  • 即効性 2
  • 費用対効果:3

  • 容量/150ml
  • 価格/1296円
  • 1mlあたり/8.64円

アクセーヌ ヘアケア コンディショナー の宣伝文,商品説明:

敏感なお肌のために、頭皮だけでなく、首筋や顔などへの刺激防止に配慮しました。
うるおいを残しながらすっきりと洗い流せ、トラブルの原因となるすすぎ残しがありません。
AHA(コンディショニング成分)が、うるおいのあるつややかでさらっとした髪に仕上げます。