シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アルファ パパアールクリームリンス コンディショニング
(ジェック
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

アルファ パパアールクリームリンス コンディショニング

ジェック


アルファ パパアールクリームリンス コンディショニング のオススメレベル

アルファ パパアールクリームリンス コンディショニング の解析結果

ピーリング効果で名を馳せるパパイン配合を特徴としたコンディショナーです。


その他には滑らかさを求めた油性成分で構成され、シンプルですが即効性を感じる部類の一品。
オリーブ油、コムギ、ホホバが潤滑性。さらに(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチルがツヤ感を付与する油性成分。
その他にはシリコン程度で、リンスの中では少し健闘している感じはあります。
ただし、パパインはピーリング作用であって、古い角質を溶かすような効能でしたね?。
そういうことになると・・

キューティクルに悪影響が出そうですね。。

まぁ、微量ですのでそこまであからさまに剥がしたりはしないでしょう。が、いいイメージはありません。
[PR]

アルファ パパアールクリームリンス コンディショニング の全成分:

水、セタノール、ステアラルコニウムクロリド、BG、オリーブ油、ステアリン酸グリセリル、シクロメチコン、ジメチコン、加水分解コムギ、パパイン、褐藻エキス、ホホバ油、トコフェロール、ダイズエキス、クエン酸、(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

主な成分の解説をみるオリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
シクロメチコンは時間をかけて揮発するシリコーンで、展延性やさっぱりとした感触に優れます。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
加水分解コムギは泡立ちと泡の持続性を高める効果があり、刺激性を抑制。
パパインはたんぱく質分解酵素で、たんぱく質のペプチド結合を切断し、アミノ酸に分解する。ピーリングで利用される。
褐藻エキスは大西洋、中南米海域に産生する褐藻類で、ビタミンA,Dの高レベルでの含有、アミノ酸、ミネラル類の含有により、整肌作用、増粘、感触改良、保湿、生理活性促進効果を付与。
ホホバ油はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。

    アルファ パパアールクリームリンス コンディショニング の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2

  • 潤滑性 2
  • 効果の深さ:2
  • 補修力:2
  • 持続性:2
  • 安全性:2
  • 即効性 2
  • 費用対効果:2

  • 容量/150ml
  • 価格/1080円
  • 1mlあたり/7.2円

アルファ パパアールクリームリンス コンディショニング の宣伝文,商品説明:

パパイヤエキスやホホバ油、オリーブ油など配合のリンスです。
ハーブエキス、熱帯果実パパイヤと海藻エキス、ホホバ油・オリーブ油などの植物油に加え、コムギ蛋白質、天然ビタミンEの配合で頭皮と毛髪にうるおいを与え、弾力性のあるモイスチャーな髪に保ちます。
毛髪の水分、オイル分を補って枝毛や切れ毛を防ぎ、すこやかで美しい髪に保ちます。
また、毛髪の帯電と乾燥を防いで、髪に絹のようなしなやかさとハリのある艶を与えます。

[PR]
アルファ パパアールクリームリンス コンディショニング 2017 (c)トリートメント解析ドットコム