シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アンナトゥモール ナチュラルコンディショナー
(美容薬理
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

アンナトゥモール ナチュラルコンディショナー

美容薬理


アンナトゥモール ナチュラルコンディショナー のオススメレベル

アンナトゥモール ナチュラルコンディショナー の解析結果

肌刺激はとても低いながら、コンディショナーとしては・・


カチオン界面活性剤不使用の肌刺激が限りなく低いタイプとなりますが、
ダメージ部修復のベースとなるカチオン界面活性剤がないということはトリートメント効果も引き出しにくいといえます。
頭皮に塗ることも想定しているのかもしれませんが、
水飴や単なるヒアルロン酸Naを塗りこんだところでエキスも活きにくく頭皮もコンディションがアップするとはあまり思えません。
これはないかな、という印象です。

[PR]

アンナトゥモール ナチュラルコンディショナー の全成分:

水、ベヘニルアルコール、水飴、ローズマリー葉エキス、ヤシ脂肪酸グリセリル、スクワラン、ホホバ種子油、ヒアルロン酸Na、ラベンダー油、オレンジ果皮油、ユーカリ葉油、ウイキョウ果実油、ハッカ葉油、オタネニンジン根エキス、酵母エキス、褐藻エキス、カミツレ花エキス、シャクヤク根エキス、セージ葉エキス、トコフェロール、加水分解コラーゲン、キトサン

主な成分の解説をみるベヘニルアルコールは菜種油から抽出した油剤で、融点が高くしっとりした感触を特徴とします。乳化安定性が優れた油性成分です。
ローズヒップエキスは優れた整肌作用を持つ。収れん作用、抗酸化作用、保湿作用を付与。
スクワランは人の皮脂にも3-4%含まれる保湿成分で、刺激なく油分と水分を乳化させ保湿作用を示し、不足すると肌の乾燥、代謝の低下をまねきます。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
ウイキョウ果実エキスは血行促進作用、保湿作用。
オタネニンジン根エキスは育毛、血行促進、コラーゲン産生促進、免疫増強、抗アレルギー、抗炎症作用。
カミツレ花エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、女性ホルモン様作用、抗炎症、血行促進、発汗作用を付与。
シャクヤク根エキスは抗酸化作用、抗アレルギー作用、収れん作用、脂肪分解作用、免疫増強作用。
セージ葉エキスは抗酸化作用、ヒアルロン酸産生促進作用、メラニン抑制作用、収斂作用を付与。

    アンナトゥモール ナチュラルコンディショナー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.8

  • 潤滑性 1.5
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:1
  • 持続性:1.5
  • 安全性:4
  • 即効性 1
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/300ml
  • 価格/2160円
  • 1mlあたり/7.2円

アンナトゥモール ナチュラルコンディショナー の宣伝文,商品説明:

髪と地肌に優しいノンシリコンのコンディショナーです。
ナチュラル製法の植物エキスを数種類配合しました。