シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アヌエヌエ チャージフル ナチュラル モイスト コンディショナー
(スタイリングライフ・ホールディングス
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

アヌエヌエ チャージフル ナチュラル モイスト コンディショナー

スタイリングライフ・ホールディングス


アヌエヌエ チャージフル ナチュラル モイスト コンディショナー のオススメレベル

アヌエヌエ チャージフル ナチュラル モイスト コンディショナー の解析結果

ライトなエモリエント感



天然成分の配合が非常にリッチで一見効果が高そうですが、
肝心のコンディショニング効果は残念ながら高そうではありません。
どの成分も髪の表面を一時的に潤わすようなものが多く、
定着して力強く補強するような成分が僅かしか見受けられません。
アスコルビン酸(ビタミンC)にしても水溶性なので効果は薄いというか、あまり役に立たなそう。

ベースのミネラルオイルのカチっとした皮膜感が唯一効果を感じさせますが、
これはシリコンのような圧倒的なさらさら感とまでは行きません。 もうひとこえ、トリートメントらしさが欲しかったところですが、
値段のお手頃加減や、保湿の効果などはなかなか高評価です。
[PR]

アヌエヌエ チャージフル ナチュラル モイスト コンディショナー の全成分:

水、ミネラルオイル、ステアリルアルコール、ベタイン、BG、セテアリルアルコール、ベタイン、BG、ステアリルアルコール、アスコルビン酸Na、アルギニン、アロエベラ葉エキス、イランイラン花油、オオウメガサソウ葉エキス、オリーブ油、ガーデニアタヒテンシス花エキス、ククイナッツ油、シア脂、トウツバキ種子油、トコフェノール、ハチミツ、ブドウ種子油、ホホバ種子油、マンゴー種子油、ラウロイルグルタミン酸ジヘキシルデジル、ローズヒップ油、水添ヒマシ油、イソプロパノール、クエン酸、クオタニウム、サフラワー油、ダイズ油、ヒドロキシエチルセルロース、ヘマトコッカスプルビアリス油、ミリスチン酸PPG-3ベンジルエーテル、ヤシ油、ワセリン、ステアルトリモニウムクロリド、プルピルパラベン、メチルパラベン、香料

主な成分の解説をみるミネラルオイルは石油原油を蒸留し固形パラフィンを除去した炭化水素系油剤。
皮膚によく延び、浸透性がないため無刺激。油との相溶性が強く、クレンジング基剤としても広く使われる油剤。
アルギニンは保湿、アルカリ剤として使われるアルカリ性のアミノ酸です。
アロエベラ葉エキスは抗炎症、線維芽細胞増殖促進作用、抗菌作用を付与。
イランイラン花油は濃厚で甘さの強い香りが特徴。リラックス効果、官能的な気分を高める効果など心理的な作用の優れるオイルです。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
ククイナッツ油はハワイに自生するポリネシア由来の植物種子油。リノール酸、α−リノレン酸、ビタミン類を含み、抗炎症・抗アレルギー効果のある保湿作用を付与します。
シア脂は、中央アフリカに分布するシアの種子から得た脂肪で、紫外線吸収、毛髪の滑り感低下抑制、キューティクル保護、毛髪強度向上、血行促進効果を付与。
ハチミツは吸着持続性の高い保湿作用。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
マンゴー種子油はトリグリセライドを豊富に含む東洋人の毛髪に特に馴染みのよいオイル。香りと感触が優れた成分。
ヒドロキシエチルセルロースはセルロース誘導体の一種で、粘度の調節、着色料の沈殿防止、接着力の増強などの目的で配合されます。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。

    アヌエヌエ チャージフル ナチュラル モイスト コンディショナー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.5

  • 潤滑性 3
  • 効果の深さ:2
  • 補修力:2
  • 持続性:1.5
  • 安全性:4
  • 即効性 1.5
  • 費用対効果:3

  • 容量/200ml
  • 価格/1575円
  • 1mlあたり/7.88円

アヌエヌエ チャージフル ナチュラル モイスト コンディショナー の宣伝文,商品説明:

ダメージが気になる髪もしっとり輝く艶髪に。
コクのあるクリームが傷んだ髪の内部までじんわり浸透して、ぜいたくなうるおいとツヤを与えます。
2種の濃密うるおい成分(シアバター、スウィートハニー)を配合。
髪と地肌にやさしいノンシリコン処方。