シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アランジュ 06トリートメント
(トミーズ・スター
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

アランジュ 06トリートメント

トミーズ・スター


アランジュ 06トリートメント のオススメレベル

アランジュ 06トリートメント の解析結果

肌への低刺激性を重視した設計。


ノンシリコンながら、ペリセアとシルク、その他カチオン界面活性剤でその代わりを果たそうという処方です。

ノンパラベンですが、フェノキシエタノールは配合してますので、パラベンはよくないけどフェノキシエタノールはアリ、という立ち位置でしょうか。
フェノキシエタノールの方が刺激を感じる、という方が少なくないことを一応頭に入れておくべきでしょう。

全体的には、トリートメントとしての能力がまず、低いです。
高い補修効果はないですし、その代わり低刺激にこだわり尽くしているわけでもない、ちょっと中途半端などっちつかずの性能になってしまっている印象。
頭皮ケア成分も多く見られますが、あえて頭皮に使いたいほどのレベルではありません。
やや中途半端な印象が強い一品であるように思えます。

[PR]

アランジュ 06トリートメント の全成分:

水、セタノール、ステアラミドプロピルジメチルアミン、エチルヘキサン酸セチル、パルミチン酸イソステアリル、ステアリン酸グリセリル、オリーブ油、グリセリン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ベタイン、加水分解シルク、グルコシルトレハロース、トレハロース、加水分解水添デンプン、オレンジ油、マンダリンオレンジ果皮油、グルタミン酸、乳酸、オクチルドデカノール、ポリクオタニウム-37、ジ(カプリル酸/カプリン酸)PG、PPG-1トリデセス-6、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、グレープフルーツ種子エキス、アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、マツエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレエキス、BG、フェノキシエタノール

主な成分の解説をみるステアラミドプロピルジメチルアミンは3級のカチオン界面活性剤で、肌への刺激が抑えられていますがコンディショニング効果は低い成分。
エチルヘキサン酸セチルはさっぱりした感触に基剤向けエステル。延びがよく肌なじみが良い。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは通称ペリセア。優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪にも浸透、補修、弾力向上、潤滑性向上、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。
ベタインはトリメチルグリシンというアミノ酸系保湿成分。浸透性に優れる保湿性を付与。
グリコシルトレハロースはトウモロコシデンプン由来のトレハロースにグルコース(ブドウ糖)が数個結合した多糖体。べたつかず、高い保湿力、細胞活性化作用を付与する。
オレンジ油はリモネンを主成分とする心地よい香りがリラックス効果を与えます。疲れや緊張をほぐし、保湿・皮膚の活性化、清浄作用を持つ精油です。
マンダリンオレンジ果皮エキスは肌の透明感を高めるくすみ改善効果。
ポリクオタニウム-37は瞬時に増粘作用を示す球状ポリマー。滑らかな抱水性が特徴。
ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチルはツヤと抱水性に優れたエステル油です。
アルニカ,オドリコソウ,オランダカラシ,ゴボウ,セイヨウキズタ,ニンニク,マツ,ローズマリー,ローマカミツレエキスは、抗菌・抗酸化・抗フケ・育毛・抗脂漏性皮膚炎を期待するエキスセットです。

    アランジュ 06トリートメント の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.1

  • 潤滑性 3.5
  • 効果の深さ:3.5
  • 補修力:3.5
  • 持続性:3
  • 安全性:4
  • 即効性 2.5
  • 費用対効果:2

  • 容量/250ml
  • 価格/2835円
  • 1mlあたり/11.34円

アランジュ 06トリートメント の宣伝文,商品説明:

ノンシリコンオレンジアロマトリートメントです。
アミノ酸、グリチルリチン酸2Kを配合。
毎日使うものだから、植物エキスを配合しました。
香りにはこだわりの天然オレンジアロマオイルを配合しています。
無香料、無着色、ノンシリコン、ノンパラベン。