シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ルネセア トリートメント パック(スムース)
(アルビオン
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ルネセア トリートメント パック(スムース)

アルビオン


ルネセア トリートメント パック(スムース) のオススメレベル

ルネセア トリートメント パック(スムース) の解析結果

粗い作りで質は良くない


微量ながらラウリル硫酸Na配合というのは、(乳化剤として配合されていたにしても)雑な処方と言わざるを得ず、
ダメージ部を修復するというよりは髪全体を覆っていくヘアクリームのような質感で、
結果的に仕上がりがたまらなくイイというわけにはいかず、持続性もたかが知れたもの。
価格がまず高すぎ、中身に合っている設定ではありません。
それから、パックといいながらさほどパック感もなく、一般的なリンスの延長レベルで中途半端に感じるでしょう。
ヒートプロテイン以外がおとなしくて髪にバランスよく作用するとは言えません。
おすすめ感がありません。

[PR]

ルネセア トリートメント パック(スムース) の全成分:

水,グリセリン,PG,ジメチコン,セテアリルアルコール,ジステアリルジモニウムクロリド,香料,(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク,アセチルグルタミン,セイヨウニワトコ花エキス,ダイズタンパク,ブドウ種子エキス,マコンブエキス,BG,EDTA-2Na,PEG-10水添ヒマシ油,PEG-40水添ヒマシ油,TEA,イソプロパノール,エタノール,オクチルドデカノール,ヒドロキシエチルセルロース,ベヘニルアルコール,ベヘントリモニウムクロリド,ポリクオタニウム-39,ラウリルポリグリセリル-3ポリジメチルシロキエチルジメチコン,ラウリル硫酸Na,エチルパラベン,フェノキシエタノール,プロピルパラベン,メチルパラベン,安息香酸Na,赤227,橙205

主な成分の解説をみるジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
ジステアリルジモニウムクロリドはカチオン界面活性剤として髪への吸着性がよく保護作用が高い。抗菌作用も持つ。
(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルクは加水分解シルクの潤滑作用とシリル基のツヤ、伸展性、熱反応でシラノール基同士が高分子化皮膜を形成し毛髪を保護。
アセチルグルタミンは肌の保護成分であるグルタミンの安定化タイプで、肌のコラーゲン、ヒアルロン酸を150%-180増やす作用があると言われています。
セイヨウニワトコ花エキスは抗炎症、抗酸化、細胞活性化作用。
ブドウ種子エキスは、水溶性抗酸化物質プロシアジニンを豊富に含有。
マコンブエキスは育毛作用、収斂作用、スリミング作用。
TEA(トリエタノールアミン)はpH調整(アルカリ)剤ですが、一定の条件が揃うと発がん性物質ニトロソアミンを生成する可能性が僅かにあります(洗い流す製品ならOK)。
ベヘニルアルコールは菜種油から抽出した油剤で、融点が高くしっとりした感触を特徴とします。乳化安定性が優れた油性成分です。
ベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
ポリクオタニウム-39は高い刺激緩和作用を付与。

    ルネセア トリートメント パック(スムース) の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.4

  • 潤滑性 2.5
  • 効果の深さ:2
  • 補修力:3
  • 持続性:2.5
  • 安全性:3
  • 即効性 2.5
  • 費用対効果:2

  • 容量/500ml
  • 価格/4200円
  • 1mlあたり/8.4円

ルネセア トリートメント パック(スムース) の宣伝文,商品説明:

しなやかなコシのある髪に整えるトリートメント。
みずみずしくなめらかな感触でなじみ、
しなやかに弾むコシを髪に与えます。
サラサラと指からこぼれ落ちる髪に導きます。