シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アルソア ティネ EXトリートメント
(アルソア
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

アルソア ティネ EXトリートメント

アルソア


アルソア ティネ EXトリートメント のオススメレベル

アルソア ティネ EXトリートメント の解析結果

効果は控えめ、ちょっとしたエモリエント。


トリートメントというより、ヘアマスクとか、コンディショナーと謳ったほうがしっくりくるタイプ。
ローカストビーンのフィルム効果、ホホバ、ツバキ、アミノプロピルジメチコンのエモリエントに包む感じをイメージをすると、ヘアマスクに似た形態であると言えます。

リピジュア、擬似セラミドの保湿力は良好ですが、配合量はかなり微量。
肌にやさしいカチオン界面活性剤を軸として、まずまず低刺激製品としては存在感があるタイプではあります。
しかし、全体的にクオリティの高さのようなものを感じる部分はなく、
淡々としたコンディショナー的レベルのエモリエント感に留まるでしょう。

まとめ

ダメージ補修性や優れた何かを期待すると、残念な気分になります。

[PR]

アルソア ティネ EXトリートメント の全成分:

常水,BG,ミリスチルアルコール,ジメチコン,ステアラミドエチルジエチルアミン,ベヘニルアルコール,パルミチン酸イソプロピル,ジグリセリン,イソステアリン酸ポリグリセリル-2,ステアリン酸グリセリル(SE),乳酸,ホホバ油,ツバキ油,アミノプロピルジメチコン,ヤシ油アルキルグルコシド,オレイン酸グリセリル,イソステアリン酸ポリグリセリル-6,ジナタネ種子油脂肪酸エチルヒドロキシエチルモニウムメトサルフェート,ローカストビーンヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド,グリコシルトレハロース,加水分解水添デンプン,褐藻エキス,センブリエキス,オタネニンジンエキス,ヒキオコシエキス,クララエキス,ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル),ポリクオタニウム-64,トコフェロール,クエン酸,精製水,DPG,エタノール,フェノキシエタノール,香料

主な成分の解説をみるジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
ステアラミドプロピルジメチルアミンは3級のカチオン界面活性剤で、肌への刺激が抑えられていますがコンディショニング効果は低い成分。
パルミチン酸イソプロピルはパーム油からパルミチン酸を、イソプロパノール(アルコールの一種)と化合したエステル油。軽い感触でベタつきなく、浸透性、柔軟性が良い油性基剤。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
ツバキ油は、オレイン酸、リノール酸リッチなエモリエントオイルで、やや酸化されにくく固まりにくい性質のオイル。
アミノプロピルジメチコンがエモリエントな感触を与えるコーティング剤。
ローカストビーンヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドは植物由来のポリサッカライドをカチオン化した成分。ダメージ部に粘弾フィルムを形成し、ユニークな保湿・平滑性を付与する。
グリコシルトレハロースはトウモロコシデンプン由来のトレハロースにグルコース(ブドウ糖)が数個結合した多糖体。べたつかず、高い保湿力、細胞活性化作用を付与する。
褐藻エキスは大西洋、中南米海域に産生する褐藻類で、ビタミンA,Dの高レベルでの含有、アミノ酸、ミネラル類の含有により、整肌作用、増粘、感触改良、保湿、生理活性促進効果を付与。
ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)は優れたラメラ液晶形成能を持ち、抱水性、保湿性、皮膚のバリヤ機能を改善。
ポリクオタニウム-64は保水性を持つ皮膜形成作用を持つカチオン。ダメージ部に吸着ししなやかさを持つコーティング効果を与える。

    アルソア ティネ EXトリートメント の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.8

  • 潤滑性 2
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:1
  • 持続性:1.5
  • 安全性:2
  • 即効性 1.5
  • 費用対効果:2

  • 容量/180ml
  • 価格/2250円
  • 1mlあたり/12.5円

アルソア ティネ EXトリートメント の宣伝文,商品説明:

配合されたリッチな毛髪保護成分が傷みの気になる部分をやさしくコート。
指どおりのよい髪に仕上げ、ツヤとコシのあるスタイリングしやすい髪に整えます。