シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アットレー パワーワックス ギガハード
(柳屋本店
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

アットレー パワーワックス ギガハード

柳屋本店


アットレー パワーワックス ギガハード のオススメレベル

アットレー パワーワックス ギガハード の解析結果

ややハードに固まるワックス。


アレンジが自在系のハードワックスという印象と見ていいでしょう。
質としては平均的で、ずば抜けた特徴はありません。

全体としては、
オーソドックスな成分で構成された製品で、決定的なダメな部分も良い部分もあるわけではありません。
1つ言えることは、さほど質のいいものとは言えない、わりと安い作りといえるものと見られます。

より上質な、機能性が高い製品を欲する方には物足りない製品といえるでしょう。

[PR]

アットレー パワーワックス ギガハード の全成分:

水、パラフィン、ラノリンロウ、PEG-400、テトラオレイン酸ソルベスー40、PG、ステアリルアルコール、ステアリン酸PEG-45キャンデリラロウ、カルナウバロウ、(メタクリロイルオキシエチテルカルボキシベタイン/メタクリル酸アルキル)コポリマー、加水分解シルク、エタノール、BHT、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

主な成分の解説をみるパラフィンはロウソクやクレヨンでもおなじみのワックス成分で、化学的に安定し油性基剤として潤滑な感触を与える。
ラノリンは抱水性が高いエステルですが、アレルギー性が比較的高い。吸着精製ラノリンはアレルギー性が除かれている。
テトラオレイン酸ソルベス-40はソルビトールとオレイン酸による乳化剤。幅広い油脂を乳化する能力が高く、乳化安定の目的で使われます。
その他の成分をピックアップすると、
キャンデリラロウは自らを乾燥から守るために分泌している樹液を茎から抽出した天然の植物ロウで、アレルギー性が低く光沢と固さを与える。
カルナウバロウはブラジルワックスと呼ばれ、ヤシの葉由来で融点の高いエステル油が多く含まれるロウ成分です。
(メタクリロイルオキシエチルカルボキシベタイン/メタクリル酸アルキル)コポリマーはpHや添加物の影響を受けにくい安定性の高い乳化剤。
加水分解シルクはシルクの効果を損なわずに分子量を加水分解することにより調整することで、毛髪、皮膚に対して保湿、保護、潤滑性を与えるペプチドです。 ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)は脂溶性のフェノール誘導体であり、酸化防止剤として用いられます

    アットレー パワーワックス ギガハード の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.5

  • 潤滑性 3
  • 効果の深さ:2
  • 補修力:1
  • 持続性:3
  • 安全性:2
  • 即効性 2
  • 費用対効果:3

  • 容量/70ml
  • 価格/635円
  • 1mlあたり/9.07円

アットレー パワーワックス ギガハード の宣伝文,商品説明:

●重力に逆らえ!ギガハード
思いどおりのアレンジが可能なハード力を追求したヘアワックス。どのような髪質にも少量を薄づけするだけで、重力の影響も感じさせず、毛束を立たせるなどの自由自在なアレンジが可能です。
●固形成分高配合
固形成分を高配合することにより、キメたヘアスタイルを長時間キープするだけでなく、何度でも毛束を動かして、ヘアスタイルを作り込むことができます。
●フレッシュグリーンの微香性