シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
バーズボー Aトリートリンス
(エポー
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

バーズボー Aトリートリンス

エポー


バーズボー Aトリートリンス のオススメレベル

バーズボー Aトリートリンス の解析結果

ハリ・コシ感。


カチオン界面活性剤不使用という特徴を持ち、確かにマイルドな作りで一定のコンディショニング効果を持ち合わせた内容といえます。
とくに、シスチンピスPG-プロピルシラントリオール、アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCI・クオタニウム-33という3つが中心となり、
髪のコーティングによる潤滑性・ツヤ感・ハリ・コシを残すことが期待されます。

その程度としては、決して抜群な製品ではありません。
ただ、肌への優しさを際立たせ、肌に優しいエキスを配合し、コンディショニング効果ももの足りないことのないように工夫されている面は評価できるでしょう。
強いて言えば、最後の方のラウロイルメチルタウリンNa(洗浄剤)が微妙な気がしますが、
総じて穏やかにコンディショニング効果を与えたい方にユニークな一品と紹介したいですね。

[PR]

バーズボー Aトリートリンス の全成分:

水、セタノール、PPG-5セテス-10リン酸・加水分解ケラチン・シスチンピスPG-プロピルシラントリオール・アルギニン・ホエイ・アルニカエキス・オドリコソウエキス・オランダカラシエキス・ゴボウエキス・セイヨウキズタエキス・ニンニクエキス・マツエキス・ローズマリーエキス・ローマカミツレキス・ダイズ油・カロットエキス・BG・ポリクオタニウム-10・コハク酸ジオクチル・アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCI・クオタニウム-33・フェノキシエタノール・ステアラミドDEA・ジメチコン・ステアリン酸PEG-150・オレス-2・オレス-7・ラウロイルメチルタウリンNa・メチルパラベン・プロピルパラベン・エタノール・香料

主な成分の解説をみるシスチンビスPGプロピルシラントリオールは熱反応で結合力を高める毛髪コーティング機能や、毛髪内部で強力に結合することにより高い補修効果を見込める成分です。
アルギニンは保湿、アルカリ剤として使われるアルカリ性のアミノ酸です。
ホエイはソフトピーリング作用を有する整肌成分で、抗シワ、ダメージヘア改善、免疫低下抑制、美白作用などが期待される。
アルニカ,オドリコソウ,オランダカラシ,ゴボウ,セイヨウキズタ,ニンニク,マツ,ローズマリー,ローマカミツレエキスは、抗菌・抗酸化・抗フケ・育毛・抗脂漏性皮膚炎を期待するエキスセットです。
アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHClはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、生分解性に優れ滑らかな感触を付与します。
クオタニウム-33は,エチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム液(1)という名称で、18-MEAを含む高いコンディショニング効果のカチオン界面活性剤。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。

    バーズボー Aトリートリンス の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.8

  • 潤滑性 2
  • 効果の深さ:3.5
  • 補修力:4
  • 持続性:3
  • 安全性:3
  • 即効性 2.5
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/400ml
  • 価格/3780円
  • 1mlあたり/9.45円

バーズボー Aトリートリンス の宣伝文,商品説明:

一般のリンス、トリートメントは、カチオン界面活性剤で、髪の外側を保護し、ツヤや潤いなどを与えますが、使い続けると髪が赤茶け、ハリやコシが失われる場合もあります。
しかし、エポーの「ボーA」「ボー」は、カチオン界面活性剤は未使用。