シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
チバ化粧品 ヘアコンディショナー
(チバ化粧品
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

チバ化粧品 ヘアコンディショナー

チバ化粧品


チバ化粧品 ヘアコンディショナー のオススメレベル

チバ化粧品 ヘアコンディショナー の解析結果

べたつかない、さらりとした仕上がりのコンディショナー。


ただ、効果はリンスの域を出ません。
ほんのりとした油分補給がメインであり、ダメージをケアする能力は低いのが特徴といえます。

総合すると、
肌にやさしいことが一番に重視されたフシのある一品で、
髪へのコンディショニング効果は二の次。
防腐剤が事実上ほぼない状態に近く、製品の持ちはあまり長いとはいえないでしょう。

以上の点から、低刺激なリンスを求める方以外には使い勝手がよろしくないタイプといえますので、万人向けではありません。

[PR]

チバ化粧品 ヘアコンディショナー の全成分:

水、ベヘニルアルコール、パルミチン酸オクチル、硬化油、ミリスチン酸、グリセリン脂肪酸エステル、パーシック油、ステアラミドプロピルジメチルアミン、スクワラン、乳酸、フェノキシエタノール、オタネニンジンエキス、トウキエキス、シャクヤクエキス、ソウハクヒエキス、クララエキス、ワレモコウエキス、エイジツエキス、アロエベラエキス-1、キダチアロエエキス-1、プラセンタエキス、ラベンダー油

主な成分の解説をみるベヘニルアルコールは菜種油から抽出した油剤で、融点が高くしっとりした感触を特徴とします。乳化安定性が優れた油性成分です。
パルミチン酸エチルヘキシルは人工的に作られたベタつきのない油で、酸化安定性や使用感が天然油より良好。
パーシック油は肌を柔軟にし、水分の保持効果に優れます。
ステアラミドプロピルジメチルアミンは3級のカチオン界面活性剤で、肌への刺激が抑えられていますがコンディショニング効果は低い成分。
スクワランは人の皮脂にも3-4%含まれる保湿成分で、刺激なく油分と水分を乳化させ保湿作用を示し、不足すると肌の乾燥、代謝の低下をまねきます。
オタネニンジン根エキスは育毛、血行促進、コラーゲン産生促進、免疫増強、抗アレルギー、抗炎症作用。
トウキ根エキスは収れん作用、抗炎症作用、血行促進、CMC形成促進作用、バリヤ機能強化作用、抗菌作用。
ソウハクヒエキスは抗炎症・美白・ニキビ抑制、紫外線防止効果。
クララエキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用、線維芽細胞増殖促進作用、肌バリヤ機能強化、CMC形成促進、抗菌、脱毛防止などを付与。
ワレモコウエキスはバラ科の多年草。タンニン、サポニンを多く含み、抗菌、収れん、抗炎症、美白作用などを付与。脱毛因子FGF-5の活性を抑制する作用を持つことが発見された。
エイジツエキス(ノイバラエキス)はフラボノイドによる美白、収れん作用があり、抗酸化、抗アレルギー効果も付与。
プラセンタエキスは保湿、抗アレルギー作用、線維芽細胞増殖促進作用。

    チバ化粧品 ヘアコンディショナー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.9

  • 潤滑性 1.5
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:1
  • 持続性:1.5
  • 安全性:4
  • 即効性 1.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/300ml
  • 価格/3200円
  • 1mlあたり/10.67円

チバ化粧品 ヘアコンディショナー の宣伝文,商品説明:

鉱泉を配合し、しなやかでツヤのある髪に仕上げるヘアコンディショナーです。
枝毛・切れ毛を防ぎ、髪を紫外線から守ります。痛んだ髪の1本1本に浸透し、健康に保ちます。弱酸性。無香料。
※鉱泉・・・山梨県の山奥の多種類のミネラルがイオン化された状態で、含有された岩脈から一滴一滴湧出する鉱泉です。