シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
コルダジュール ソリートトリートメント
(クレアール
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

コルダジュール ソリートトリートメント

クレアール


コルダジュール ソリートトリートメント のオススメレベル

コルダジュール ソリートトリートメント の解析結果

ベースに皮脂と組成の近いパルミトレイン酸を多く含むマカデミアナッツ油。


さらにペリセア、クオタニウム-33を配していることから、潤滑性、滑らかさを重視した構成と言えるでしょう。
その他、ベヘントリモニウムメトサルフェート、トレハロース、イソアルキル(C10−40)アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート、アミノ酸各種がエモリエント性を持たせたコンディショニング効果を発揮。
少量ですが、アモジメチコン、乳酸Naも同様の働き。

使ってすぐに実感できるであろう滑らかな感触が期待される一品です。
平均的なトリートメントよりも使い勝手がよく、
潤滑性を求めるのであれば満足感の高い結果を得られるでしょう。
強い補修力というような特徴ではないので、柔らかい髪の方向けではありません。
どちらかというと髪のしなやかさを増したい方向け。
[PR]

コルダジュール ソリートトリートメント の全成分:

水、セタノール、ステアルトリモニウムクロリド、マカデミアナッツ油、ステアリルアルコール、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、クオタニウム−33、トレハロース、ベヘントリモニウムメトサルフェート、イソアルキル(C10−40)アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート、PCA、PCA−Na、アスパラギン酸、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、アルギニン、グリセリン、エチドロン酸、イソプロパノール、BG、乳酸Na、アモジメチコン、ジココジモニウムクロリド、セテス−20、エタノール、フェノキシエタノール、トコフェロール、メチルパラベン、香料

主な成分の解説をみるステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。
マカデミアナッツ油はパルミトレイン酸を多く含み、人の皮脂に類似したエステル。
体温付近に融点があり、肌に馴染み良くタッチが良いオイルです。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは通称ペリセア。優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪にも浸透、補修、弾力向上、潤滑性向上、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。
クオタニウム-33は,エチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム液(1)という名称で、18-MEAを含む高いコンディショニング効果のカチオン界面活性剤。
ベヘントリモニウムメトサルフェートは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触を与えながら指通りを改善します。
アモジメチコンはアミノ変性シリコーンで、毛髪を艷やか、滑らかな指通り性を向上させ、ドライヤーによる乾燥時間を短縮しダメージ軽減。
ジココジモニウムクロリドはヤシ油脂肪酸にプラスイオンを付加して作られるカチオン界面活性剤。しなやかに指通りを改善し、静電気抑制効果を付与。

    コルダジュール ソリートトリートメント の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3

  • 潤滑性 3.5
  • 効果の深さ:2
  • 補修力:2
  • 持続性:3.5
  • 安全性:2
  • 即効性 3.5
  • 費用対効果:3.5

  • 容量/200ml
  • 価格/2100円
  • 1mlあたり/10.5円

コルダジュール ソリートトリートメント の宣伝文,商品説明:

サロンクォリティの光り輝く艶髪へ。
毛髪補正成分と高い保湿力のある11種類のアミノ酸とトレハロースを配合、髪と頭皮のコンディションを整えると同時に保水し、最適な水分量に導きます。
また、髪内部からキューティクルまで本格的にダメージを補修し、芯まで潤う艶髪へと仕上げます。
こちらは、普通髪用の「ソリート」です。
ヘアカラーなどの繰り返しによる髪の乾燥が気になる人へ。
ダメージを受けた髪は水分保持機能を失い、水分を吸いこみやすくまた乾燥もしやすいという扱いにくい状態になっています。
そのような髪に、油分や水分をバランスよく補いながら、ダメージを受けた髪内部とキューティクルを補修します。
サラサラとしたまとまりのある髪に仕上げます。
香りは、ビタミン豊富なベリー系ミックスフルーツをベースに、爽やかでビタミンリッチな赤リンゴフローラルとベルガモットシトラスをアクセントに加えた心地よい香気に仕上げています。