シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ディアボーテ HIMAWARI オイルイントリートメント

クラシエ

ディアボーテ HIMAWARI オイルイントリートメントの格付け

★★★★

コーティング力 : △
保水性 : ◯
強度アップ度 : △
まとまり力 : ◯
1mlあたり約4.7 円
200 ml/945 円
[Ad]


ディアボーテ HIMAWARI オイルイントリートメントの解析結果

ヒマワリオイル、エキスがセラミド様の保湿補修効果をもたらすトリートメント。


さらに、機能的なコンディショニング素材、シリコーンポリマーの導入によって完成度をアップさせています。
特徴的なのが肌にもとても優しい処方である点でしょう。
トリートメントとしての効能を持たせつつ、肌にも環境にも配慮した作りになっている点は評価したいと思います。

成分を見ていくと、
PPG-1/PEG-1ステアラミンはしっとりと柔らかい感触を与えるマイルドなヘアコンディショニング基剤。生分解性がよく環境にも優しい。
ヒドロキシプロピルデンプンリン酸はでんぷん、変性コーンスターチのことで、強い被膜を作り、引っ張り上げる抗シワ作用を付与。壊れにくい被膜。
ヒマワリ種子油はセラミドを誘導し、肌バリヤを改善する効果。
ヒマワリ芽エキスはヒマワリの生長成分であり、エネルギーの産出を促して肌、表皮の代謝を活性化します。
ヒマワリ種子エキスはヒマワリ種子より抽出したセラミド、糖質、リン脂質の働きで肌の保湿機能改善、キューティクル接着強化といった働き。
アセチルグルコサミンは肌に浸透しやすく、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの産生を促進する作用がある浸透型保湿成分です。
ベヘニルPGトリモニウムクロリドはベタつきを感じること無くしなやかでしっとりした仕上がりのカチオン界面活性剤。
アモジメチコンはアミノ変性シリコーンで、毛髪を艷やか、滑らかな指通り性を向上させ、ドライヤーによる乾燥時間を短縮しダメージ軽減。
(PEG-40/PPG-8メチルアミノプロピル/ヒドロキシプロピルジメチコン)コポリマーは乳化剤・さらとした感触改良剤として用いられます。
(ジビニルジメチコン/ジメチコン)コポリマーは毛髪のハリコシを明確に高める効果を付与。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)はリンスでおなじみ柔軟剤成分ですが、刺激性がとても強く、強いタンパク変性作用を有するため頭皮につけたり、洗い流さない製品への配合はNG。

トリートメントとしての能力は中の上といったところで、
比較的コンディショナーよりの作用に近い印象はありますが、ヒマワリ油をはじめほのかに浸透して保湿・修復効果をもたらす成分がじわじわと回を重ねるごとにコクを増してくるタイプ。
エモリエントで髪にコシを出していくような感触が特徴となるでしょう。
髪のダメージ・加齢による衰えなどにバランス良く補えるトリートメントとして、試す価値のある一品であると言えます。

ディアボーテ HIMAWARI オイルイントリートメントの全成分:

水、セテアリルアルコール、グリセリン、ジメチコン、PPG-1/PEG-1ステアラミン、DPG、ヒドロキシプロピルデンプンリン酸、フェニルトリメチコン、ヒマワリ種子油、ヒマワリ種子エキス、ヒマワリ花エキス、ヒマワリ芽エキス、アセチルグルコサミン、ポリクオタニウム-107、乳酸、ベヘニルPGトリモニウムクロリド、アモジメチコン、パラフィン、(PEG-40/PPG-8メチルアミノプロピル/ヒドロキシプロピルジメチコン)コポリマー、(ジビニルジメチコン/ジメチコン)コポリマー、ベヘニルアルコール、ヒドロキシエチルセルロース、エタノール、PG、ステアルトリモニウムクロリド、(C12,13)パレス-23、(C12,13)パレス-3、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料、カラメル

ディアボーテ HIMAWARI オイルイントリートメントの宣伝・商品説明文:

「高濃度プレミアムヒマワリオイルEX」配合。
髪内部の脂質と水分バランスを整えて、効果的にダメージを補修します。

5つ星をかんたん購入なら

解析ドットコム公式ストア

解析ストア
[スポンサーリンク]
ディアボーテ HIMAWARI オイルイントリートメント(c)2017 株式会社解析ドットコム