シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ディフェンダー トリートメント
(ハニエル
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ディフェンダー トリートメント

ハニエル


ディフェンダー トリートメント のオススメレベル

ディフェンダー トリートメント の解析結果

少しマイルドで、効果はそこそこ。


全体的にサラサラ感のトリートメントのようです。

ヘマチンも配合されていて、脱臭・活性酸素除去・タンパク質の強化などが期待できそう。
どうやら狙いは比較的軽い質感でさらっとした仕上がりを目指しているようです。

総合力ではやや一線級と比べると見劣りしますが、
コンディショナーくらいの気持ちで使えばそこそこのレベル。

少なくても、指通りの悪さに悩んでいる人には実感のある使用感になりそう。

[PR]

ディフェンダー トリートメント の全成分:

水、ミネラルオイル、BG、セタノールベヘニルアルコール、エタノール、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアルトリモニウムクロリド、コムギ胚芽油、ホホバ油、加水分解シルク、チョウジエキス、褐藻エキス、ヒアルロン酸Na、乳酸、アラントイン、グリセリン、ヘマチン、ステアラミドプロピルジメチルアミン、セトリモニウムブロミド、ポリリシノレイン酸ポリグリセリル-10、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、DPG、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

主な成分の解説をみるミネラルオイルは石油から作られたオイルで、隙間のないさらっとした被膜感が特徴のオイル。水分をあまり抱えませんが、肌の水分を逃がさない保湿作用があります。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。
コムギ胚芽油はビタミンEの抗酸化力、リノール酸などのエモリエントオイルを豊富に含む小麦胚芽抽出油。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
褐藻エキスは大西洋、中南米海域に産生する褐藻類で、ビタミンA,Dの高レベルでの含有、アミノ酸、ミネラル類の含有により、整肌作用、増粘、感触改良、保湿、生理活性促進効果を付与。
アラントインは牛の羊膜の分泌液から発見され、尿素から合成、もしくはコンフリーから抽出され原料化されている成分。抗炎症作用、細胞活性化作用が優れる 。
ヘマチンは主に豚の血液中のヘモグロビンからグロビンを分離したもの。髪のケラチンへの強い結合力により、毛髪補強,脱毛の抑制,活性酸素除去,チオグリコール酸(パーマ)臭除去,染毛促進などに寄与。
ステアラミドプロピルジメチルアミンは3級のカチオン界面活性剤で、肌への刺激が抑えられていますがコンディショニング効果は低い成分。
セトリモニウムブロミドは4級カチオン界面活性剤で、制菌力は優れるが殺菌力は弱い。粘膜刺激性やタンパク変性作用があり、洗い流さない製品には向きません。
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドはマメ科グアから採れる多糖類にカチオンをもたせたコンディショニング成分。

    ディフェンダー トリートメント の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.8

  • 潤滑性 3
  • 効果の深さ:3
  • 補修力:3
  • 持続性:2.5
  • 安全性:3
  • 即効性 2.5
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/300ml
  • 価格/2100円
  • 1mlあたり/7円

ディフェンダー トリートメント の宣伝文,商品説明:

コート系ポリマーを含まないトリートメントです。
髪によくなじみ、髪本来の自然なはたらきを作り出し、
髪質を問わず、ヘアースタイルをスムーズに仕上げます。