シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

DHC ヘアデザインワックス ハード

DHC

DHC ヘアデザインワックス ハード

DHC ヘアデザインワックス ハードの格付け

★★★★

コーティング力 : △
保水性 : △
強度アップ度 : △
まとまり力 : △
1mlあたり約11 円
50 ml/550 円

DHC ヘアデザインワックス ハードの解析結果

肌への安全性は特に問題ないワックスで、ロウをはじめ油性基剤はまずまずの質。
ペリセアの配合でオプショナルな補修効果などを期待できる可能性も。

内容を見ていきますと、
マイクロクリスタリンワックスは延伸性、粘性、安定性、結晶抑制作用が優れた油性基剤です。
キャンデリラロウはアレルギー性が低く光沢と固さを与え、ヒドロキシステアリン酸は硬化ヒマシ油と呼ばれるややコクのあるオイル。
コハク酸ジオクチルが乳化促進、ツヤ効果を与えるエステル。
シア脂は、肌に塗ると溶けて浸透する感触の良いエモリエント剤。紫外線吸収効果も。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaはペリセアと呼ばれ、優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪に対しても浸透しダメージ補修、弾力、滑りの改善、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。
フェルラ酸はコメヌカ由来のポリフェノールの一種。抗酸化・美白・紫外線吸収、抗菌作用を付与。


全体としては、
まずまず、シンプルでマイルドなワックス剤と言えます。
肌刺激が少ないということが、まずメリットであり、使用感も決して悪いものとはならないでしょう。

驚くような添加剤があるわけではありませんが、ワックスとして充分に仕事をする一品といえます。

DHC ヘアデザインワックス ハードの商品説明:

●ミディアム系の髪にハネ感をもたせるスタイリングに最適!ストレッチファイバー配合で、パサつきやベタつきを防ぎながら、毛先をネジる、ハネ上げるなどのアレンジを思い通りにキメられます。
●時間がたってもボリューム感を失わず、キメたスタイルを一日中キープ!再整髪力にも優れています。
●毛髪補修成分:疎水性アミノ酸
アミノ酸の中での毛髪浸透性の高い成分
●UVダメージケア:フェルラ酸
米ぬか由来の天然紫外線吸収剤
●うるおい成分:海洋深層水
優れた水分保持力でパサつきを防止
●おすすめの髪の長さ
ショート、ミディアムショート、ミディアム

DHC ヘアデザインワックス ハードの全成分

水、マイクロクリスタリンワックス、キャンデリラロウ、ヒドロキシステアリン酸、コハク酸ジエチルヘキシル、セテス-10、BG、セテス-6、シア脂、海水、オリーブ油、トコフェロール、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ロイシン、フェニルアラニン、フェルラ酸、ステアリン酸グリセリル、PEG-90M、シリカ、PPG-2メチル、水酸化Na、フェネチルアルコール、メチルイソチアゾリノン、フェノキシエタノール、香料

5つ星をかんたん購入なら

解析ドットコム公式ストア

解析ストア
[スポンサーリンク]
DHC ヘアデザインワックス ハード(c)2017 株式会社解析ドットコム