シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ダイアンオイルトリートメント エクストラダメージリペア
(ストーリア
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ダイアンオイルトリートメント エクストラダメージリペア

ストーリア


ダイアンオイルトリートメント エクストラダメージリペア のオススメレベル

ダイアンオイルトリートメント エクストラダメージリペア の解析結果

錚々たる顔ぶれのオイルが配合されたトリートメント。


よくもこれだけ集めたものだと感心してしまうほどですが、
これをもって「傷んだ部分を集中的に補修」とはいえません。

それぞれのオイルはエモリエント効果や、肌へのバリヤ、色付けといった効果を期待はしますが

「ダメージ部を集中的に補修」するタイプではありません。
乗っかるイメージです。

それに対して、実際にダメージを補修する素材としてはカチオン化ヒアルロン酸、カチオン化コメタンパク、カチオン界面活性剤、僅かな吸着型シリコーンとなり、

これだけ見ればコンディショナーに毛が生えた程度のレベルです。
仕上がりとしては滑らか系、使用感のしっとり感と相まってまずまず印象は良さそうですが、
髪に継続的に残ってくるような補修材は意外に多くないといえるでしょう。

成分の面子を見ると高級感すら感じますが、髪に対してのトリートメントであると考えれば、すこし的がずれてる印象も。
いろんなオイルが配合されているものの、わずかずつのオイルがそれぞれ的を外しながら構成されていて、
仕上がりには大きな意味を残せていないという一品に見えます。

間違いなく微量ですが、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(フィトステリル/ベヘニル/イソステアリル)と、トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチルという2つの人工オイルが下支えとなって潤滑性を与えていて、全体の「イマイチ」な感じを改善させています。
使った感じは概ね悪くないでしょう。ただコンディショナーより少しマシ程度と見たほうが正しく、
よりダメージを修正したいならもっとアップグレードを選ぶべき。

[PR]

ダイアンオイルトリートメント エクストラダメージリペア の全成分:

水、セテアリルアルコール、ジメチコン、ステアルトリモニウムブロミド、パルミチン酸エチルヘキシル、オプンチアフィクスインジカ種子油、アルガニアスピノサ核油、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ヒアルロン酸Na、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク、加水分解ハチミツタンパク、加水分解ケラチン(羊毛)、ケラチン(羊毛)、テオブロマグランジフロルム種子脂、カラパグアイアネンシス種子油、バオバブ種子油、プルーン種子エキス、マンゴー種子油、シロバナルーピン種子油、スクレロカリアビレア種子油、リンゴ果実培養細胞エキス、ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス、アルガニアスピノサ芽細胞エキス、アルギニン、アスパラギン酸、グリシン、アラニン、セリン、バリン、イソロイシン、トレオニン、プロリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、コラーゲン、加水分解コンキオリン、PCA-Na、PCA、イソマルト、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(ベヘニル/イソステアリル/フィトステリル)、トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、ビス(ポリグリセリル-3オキシフェニルプロピル)ジメチコン、シクロペンタシロキサン、ジメチコノール、乳酸Na、PEG-90M、キサンタンガム、トリ水添ロジン酸グリセリル、レシチン、イソプロパノール、グリセリン、乳酸、トコフェロール、エチドロン酸、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料、カラメル

主な成分の解説をみるステアルトリモニウムブロミド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。比較的低刺激。
オプンティアストレプタカンサエキスは線維芽細胞増殖促進作用、保湿作用を付与。
アルガニアスピノサ核油は、モロッコ南西部に自生する広葉常緑樹アルガンの種子から採れるオイルで、ビタミンEの含有量が多く抗酸化作用があり、エモリエント作用も期待されるオイルです。
ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウムヒアロベールと呼ばれるカチオン化ヒアルロン酸で、すすいでも落ちにくい特性を持った保湿作用を付与します。
シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコールは毛髪への有効成分の浸透促進、優れた感触改善効果、高い安定性を持つ安全性の高い油剤です。
セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパクは18-MEAの構造に類似し、毛髪表面を理想的な状態に補修。
加水分解ハチミツタンパクはハチミツの中の微量のたんぱく質を抽出した成分で、肌のキメを整え透明感を与える整肌作用を与えます。
テオブロマグランジフロルム種子脂クパスオイルと呼ばれ、抱水力はラノリン以上。チョコレートの原料にも使われるリッチなオイルです。
カラパグアイアネンシス種子油アンディロバオイルと呼ばれ、蚊よけ効果を持ち、抗炎症、保湿作用を与える効果。
バオバブ種子油は、γ-リノレン酸,ビタミンA,D,Eやトリグリセライドを豊富に含み、乾燥やアレルギー肌、ダメージ毛に有効なオイルです。
プルーン種子エキスはフルーティな芳香が特徴、さらにシルキーな感触で、安全性の高いベビー、敏感肌向けの化粧品で香料代用されることがあります。
シロバナルーピン種子油はマメ科植物由来で、β-カロテンが豊富なためオレンジ色が特徴的。
スクレロカリアビレア種子油はアフリカ南部、南西部に自生するマルーラの木の実から得たオイルで、優れた保湿効果を与えます。
リンゴ果実培養細胞エキスは肌の「幹細胞」の寿命を延ばし、また新しい細胞の生成を促進する効果が認証されているアンチエイジング成分。
ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキスはアルプス2000m級に生息するスノウローズ(アルペンローゼ)の幹細胞エキスで、紫外線によるシワ、肌のくすみを改善。
アルガニアスピノサ芽細胞エキスバルジ領域の発達が認めらたアルガン幹細胞。育毛作用を期待される。
アミノ酸各種が毛髪、皮膚に対して親和性を持つ保湿作用を与え、しなやかな感触に。
ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(フィトステリル/ベヘニル/イソステアリル)はチクソトロピー性に優れ、抱水性、密着性が高く、セット力、ヘアWAXに適したオイル。
トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチルは高抱水性をもつ油剤で、密着性の高い耐水皮膜を形成。
ビス(ポリグリセリル-3オキシフェニルプロピル)ジメチコンはシリコーン骨格両末端に親水基を密集させているため、ダメージ部に強力に吸着し、シリコーンの感触をしっかりと残ります。

    ダイアンオイルトリートメント エクストラダメージリペア の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.1

  • 潤滑性 3.5
  • 効果の深さ:3
  • 補修力:2
  • 持続性:3
  • 安全性:2.5
  • 即効性 3
  • 費用対効果:3.5

  • 容量/500ml
  • 価格/905円
  • 1mlあたり/1.81円

ダイアンオイルトリートメント エクストラダメージリペア の宣伝文,商品説明:

サロンのダメージ補修トリートメントが毎日のバスタイムで体感できます。
髪にも頭皮にもうれしい「モロッカンサボテン種子オイル」を配合。
オイル配合の独自処方で、髪のダメージによるパサつき、うねり、傷んだ部分を集中的に補修。