シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
Dr.Organic ローズオットー コンディショナー
(ドド・ジャパン
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

Dr.Organic ローズオットー コンディショナー

ドド・ジャパン


Dr.Organic ローズオットー コンディショナー のオススメレベル

Dr.Organic ローズオットー コンディショナー の解析結果

天然素材にこだわるが、効力は低い。


アロエ液汁をベースに、シアバター、ハチミツエキスといった保湿剤でコンディショニング効果を狙う一品。

その他、グアー、ヒマワリ油、ローヤルゼリーエキスが保湿性コンディショニング効果を付与します。

アスコルビン酸はビタミンCですが、この配合ではすぐに分解してしまうように思いますので、効力を発揮する前に終わるでしょう。

控え目なシットリ感と、香りが特徴的な一品で、
コンディショナーとしては可も無く不可も無く。
ほんの少ししっとりすればよい、という程度なら使えるが、
ある程度ダメージをカバーしたいとか、指通りをよりよく改善したいとなると力不足。
香りと使用感のしっとりがメインなので、さほど効力は残せません。

[PR]

Dr.Organic ローズオットー コンディショナー の全成分:

アロエベラ液汁、水、ジステアリン酸ポリグリセリル-3メチルグルコース、グリセリン、セテアリルアルコール、シア脂、カプリル酸グリセリル、パンテノール、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、トコフェロール、ヒマワリ種子油、ニオイテンジクアオイ花油、チョウジ花油、ダマスクバラ花油、香料、ダマスクバラ花エキス、チャボトケイソウエキス、セイヨウシナノキ花エキス、トウキンセンカ花エキス、カミツレ花エキス、安息香酸Na、ソルビン酸K、フィチン酸Na、クエン酸、アスコルビン酸、ゲラニオール、リナロール、シトロネロール、オイゲノール

主な成分の解説をみるシア脂は、中央アフリカに分布するシアの種子から得た脂肪で、紫外線吸収、毛髪の滑り感低下抑制、キューティクル保護、毛髪強度向上、血行促進効果を付与。
パンテノールは、プロビタミンB5という別名があるように細胞活性化、抗炎症、保湿作用を付与します。
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドはマメ科グアから採れる多糖類にカチオンをもたせたコンディショニング成分。
ヒマワリ種子油はセラミドを誘導し、肌バリヤを改善する効果。
ニオイテンジクアオイ油はゼラニウムとして知られ、ミントを含んだようなバラの香りが特徴。
精神高揚作用や皮脂コントロール機能を持ち、すべての肌のタイプに良い影響を与えると言われています。
チョウジ花油は古くより香料として用いられ、精油の効能としては記憶力アップ、抗鬱効果を持つと言われます。また、鎮痛作用、抗菌作用としても用いられます。
ダマスクバラ花油はブルガリアの稀少なバラ精油で、リラックス、女性ホルモン様作用、脳の活性化、消化器の活性化、更年期障害の軽減、汗、加齢臭を軽減、異性を惹きつける効果。
トウキンセンカ花エキスは金盞花というオレンジ色の花のエキスで、抗菌、整肌、抗炎症、清浄作用を与えるカロチノイド,サポニン,フラボノイドを含有します。
カミツレ花エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、女性ホルモン様作用、抗炎症、血行促進、発汗作用を付与。
フィチン酸は米ぬか由来のキレート(金属封鎖)効果、pH調整、収れん、抗シワ、保湿作用を付与。
ゲラニオールはバラの甘い香りを穏やかに含む精油の主成分で、パルマローザ油、シトロネラ油、ゼラニウム油に多く含まれる。
リナロール は植物の香りを構成する成分の1つで、ラベンダーやベルガモットの様な香調を持ち、リラックス作用、抗鬱作用、皮膚細胞活性作用、抗菌・抗ウイルス効果を付与します。

    Dr.Organic ローズオットー コンディショナー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.3

  • 潤滑性 2
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:1.5
  • 持続性:1.5
  • 安全性:4
  • 即効性 2
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/265ml
  • 価格/1470円
  • 1mlあたり/5.55円

Dr.Organic ローズオットー コンディショナー の宣伝文,商品説明:

やさしい使い心地の自然派ヘアコンディショナーです。

香りよく保湿力に優れたローズオットーオイルと植物エキスをバランスよくブレンド。

細く傷みやすい髪をふんわりとした泡で包み、
洗いあがりの髪は、ボリュームを感じさせるハリと、健やかな芯から輝く美しい髪へ。ローズの高貴でラグジュアリーな香り。