シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ファスィドール 香潤リペアナイトミルク バニラ
(ゲンキ
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ファスィドール 香潤リペアナイトミルク バニラ

ゲンキ


ファスィドール 香潤リペアナイトミルク バニラ のオススメレベル

ファスィドール 香潤リペアナイトミルク バニラ の解析結果

夜用アウトバストリートメントと見られる一品です。


ジメチコン、シクロメチコン、水添ポリイソブテンという基剤で、スムーズな感触、エモリエント性、増粘性、光沢を与える効果。

シアバター、ラクトフェリンがエモリエント、ツバキ、オリーブ、ホホバも保湿作用。

アミノ酸各種は毛髪や肌のたんぱく質に吸着し、ある程度持続的に保湿効果を与えます。
(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲンは熱の作用によりコーティングの強化といった特徴を持つコラーゲン。
ケラチンのハリコシ、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマーは乳化・増粘効果を付与。少量の添加で乳化を安定させることが可能。


全体としては、
バランスよく髪に浸透させてコンディションをアップさせようという製品で、
保湿成分が多いわりにベタつきを抑えた感触、肌に負担となる成分をほぼ排除した形の構成、ヒートプロテインなどの機能性を持たせた悪くない一品です。
欲を言えば、もう少し性能の良い成分が欲しいかな、とも思いますが、
やや凡庸な成分でもバランス良く配置してそれなりのエモリエント効果は得られそう。

[PR]

ファスィドール 香潤リペアナイトミルク バニラ の全成分:

水、エタノール、ジメチコン、シクロメチコン、水添ポリイソブテン、シア脂、ラクトフェリン(牛乳)、ツバキ油、オリーブ油、ホホバ種子油、アルギニン、アスパラギン酸、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、PCA、PCA-Na、リン脂質、スフィンゴ脂質、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン、加水分解ケラチン(羊毛)、BG、乳酸、乳酸Na、(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマー、テトラオレイン酸ソルベス-60、ポリアクリルアミド、ラウレス-7、水酸化K、フェノキシエタノール、香料

主な成分の解説をみるジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
シア脂は、中央アフリカに分布するシアの種子から得た脂肪で、紫外線吸収、毛髪の滑り感低下抑制、キューティクル保護、毛髪強度向上、血行促進効果を付与。
ツバキ油は、オレイン酸、リノール酸リッチなエモリエントオイルで、やや酸化されにくく固まりにくい性質のオイル。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲンはコラーゲンの保湿とシリル化合物の伸展性、ツヤ効果、熱反応でシラノール基同士が高分子化皮膜を形成し、髪を保護。
(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマーはアルカリで中和するとゲル化する乳化剤で、皮膜形成、ベースの安定化に使われます。

    ファスィドール 香潤リペアナイトミルク バニラ の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.4

  • 潤滑性 3
  • 効果の深さ:2
  • 補修力:2.5
  • 持続性:2
  • 安全性:2.5
  • 即効性 2.5
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/100ml
  • 価格/1575円
  • 1mlあたり/15.75円

ファスィドール 香潤リペアナイトミルク バニラ の宣伝文,商品説明:

夜寝ている間に浸透、補修。翌朝の髪のまとまりがスムーズです。
乾燥や外的ストレスなどで傷んだ髪に浸透し、集中ケア。美髪に導きます。
傷んだ髪を補修。ドライヤーの熱から髪を守り、うるおいを与え、まとまりのある髪に導きます。
甘美なバニラの香りでリラックス