シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
フェンテフォルテ トリートメント
(資生堂
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

フェンテフォルテ トリートメント

資生堂


フェンテフォルテ トリートメント のオススメレベル

フェンテフォルテ トリートメント の解析結果

ややマイルド処方が嬉しいが、効果もマイルド。


物足りない、こんなものか、という印象を受ける可能性もありますが、要はじわじわくるタイプ。


注目ポイント

わずかに肌に優しく、保湿の質が少し良い、全体的にも少し良いコンディショナー。
トリートメント、というレベルではありません。
穏やかな保湿系コンディショナーという認識が一番近いようです。


注意点

大げさな補修能や極上のしっとり感とは無縁。
穏やかに、さりげなく効かせるタイプなので、早合点してはいけません。


総評

クオリティが高いとは言えない、ちょっとしたコンディショナーレベルですが、
本当に安いリンス類よりは、少し役に立つ素質はあります。

ですので、日常使いの一品として、わりと向いているタイプといえるでしょう。
ほんのり保湿で包んでおきたい、という程度の期待に応えるタイプです。

[PR]

フェンテフォルテ トリートメント の全成分:

水、ソルビトール、ジメチコン、イソペンチルジオール、セタノール、ステアリルアルコール、ベヘントリモニウムクロリド、PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル、ポリエチレン、ジココイルエチルヒドロキシエチルモニウムメトサルフェート、アミノプロピルジメチコン、ステアルトリモニウムクロリド、PEG-90M、グリチルリチン酸2K、オウゴンエキス、アルギニン、酢酸トコフェロール、シャクヤク根エキス、ホップエキス、サンショウエキス、イリス根エキス、チオタウリン、オノニスエキス、ポリクオタニウム-11、シソエキス、イソプロパノール、グリセリン、オクチルドデカノール、オレイン酸グリセリル、エタノール、PG、クエン酸Na、クエン酸、BG、フェノキシエタノール、安息香酸、香料、酸化鉄

主な成分の解説をみるジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
ベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
PEG/PPG-m/nジメチルエーテルアクアインプールと呼ばれ、毛穴の目立ちを抑制する他、角層を最適な保水環境に保つ働きがあります。
ジココイルエチルヒドロキシエチルモニウムメトサルフェートは極めて高い安全性、安定性で低濃度でも優れたコンディショニング効果を付与。
アミノプロピルジメチコンがエモリエントな感触を与えるコーティング剤。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。
グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。
オクチルドデカノールは薄い皮膜を形成し、さらっとしたタッチを与える油性成分。