シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
薬用 HGヘアリバイタライジング コンディショナー
(メトラス
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

薬用 HGヘアリバイタライジング コンディショナー

メトラス


薬用 HGヘアリバイタライジング コンディショナー のオススメレベル

薬用 HGヘアリバイタライジング コンディショナー の解析結果

何のためのコンディショナーか。


その内容成分から見るに、とてもコンディショナーと呼ぶに相応しいようには思えないという印象。

その理由は、殺菌剤のトリクロサンや清涼感のメントールといったリンスらしからぬ主成分のみに起因しているわけではありません。

ベース部分にDPGというのも少し肌刺激が懸念され、その他のエキス類はヘアトニックであれば有益ですが、コンディショナーに加えてどれほど意味をなすでしょうか。
少しの油性成分が髪の滑らかさを上昇させはしますが、一般的なリンスにも劣る程度の効果に留まります。

これでは、髪にもライトすぎますし、頭皮には刺激的。どこに、何を効かせたいのかはっきりせず、
デメリットがメリットを大きく上回る結果になるのは明白な製品です。

どう判断しても、オススメとなることはまずないといえる殺菌リンスです。

[PR]

薬用 HGヘアリバイタライジング コンディショナー の全成分:

有効成分
トリクロサン
その他の成分
精製水、ジブロピレングリコール、パルミチン酸2-エチルヘキシル、塩化アルキルトリメチルアンモニウム液、セタノール、海藻エキス(1)、イチョウエキス、β-グリチルレチン酸、クロレラエキス、ゲンチアナエキス、大豆たん白加水分解物(2)、ミツロウ、オウレンエキス、塩化0-[2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル]ヒドロキシエチルセルロース、ヒドロキシエチルセルロース、モノイソステアリン酸ポリグリセリル、1,3-ブチレングリコール、常水、ステアリルアルコール、ベヘニルアルコール、I-メントール、エタノール、塩化ステアリルトリメチルアンモニウム、香料、パラオキシ安息香酸エステル

主な成分の解説をみるトリクロサンは塩素系の殺菌剤ですが、マウス実験の段階で筋力の低下を起こす現象がみられ、やや安全性に問題が懸念される成分。
DPG(ジプロピレングリコール)はグリセリンに比べて粘度が低くさっぱりしていて使用感触がいい。溶剤としても働き、グラム陰性菌の抗菌作用を持つ。
高配合では刺激性を感じる。
パルミチン酸エチルヘキシルは人工的に作られたベタつきのない油で、酸化安定性や使用感が天然油より良好。
イチョウ葉エキスは抗菌作用、抗アレルギー作用、収斂作用を付与。
β-グリチルレチン酸は腋臭の原因菌の1つと言われるコリネバクテリウムキセロシスに対して殺菌効果が高い成分です。
抗炎症・苦味の緩和作用も。
クロレラエキスはβ-カロチン、ビタミンB群などが多く含まれ、皮膚細胞活性化作用、保湿効果を与えます。
ゲンチアナ根エキスはフランスの山地に自生するリンドウ科の植物で、苦味の強い特性から食欲増進、発毛促進、消炎、皮膚活性化作用を付与。
ミツロウは、ミツバチの巣の元となるロウを精製。融点が高く、コクを与えながら使用感が良いので保湿成分として用いられます。
オウレンエキスは抗炎症作用を付与。
メントールの清涼作用。

    薬用 HGヘアリバイタライジング コンディショナー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.6

  • 潤滑性 1.5
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:1.5
  • 持続性:2
  • 安全性:1.5
  • 即効性 1.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/340ml
  • 価格/6264円
  • 1mlあたり/18.42円

薬用 HGヘアリバイタライジング コンディショナー の宣伝文,商品説明:

ふんわりボリューム感じる、しなやかな髪に。
きしまずしなやかな仕上がりで、毛髪の絡み合いによる抜け毛を予防。
柔らかい髪、細い髪にコシを与え、ボリュームある髪に。