シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
いち髪 濃密W保湿ケア コンディショナー
(クラシエ
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

いち髪 濃密W保湿ケア コンディショナー

クラシエ


いち髪 濃密W保湿ケア コンディショナー のオススメレベル

いち髪 濃密W保湿ケア コンディショナー の解析結果

少し肌にやさしいが、効果もダウン。


ほんのりとした保湿作用が広がりますが、その効能は高いとはいえず、持続性も期待できません。。
デンプン、アンズ、トレハロース、アモジメチコン、コメヌカ、ツバキなどが構成していますが、
いずれもリンスとしては凡庸で高い満足を得られるレベルにはありません。
比較的肌に優しいことは救いか。
後半もパラフィン、シリコーン、カチオン界面活性剤など、特に優れた面があるわけでもなく、
軽いコンディショニング効果狙いの、リンスといえばリンスという作品です。

[PR]

いち髪 濃密W保湿ケア コンディショナー の全成分:

水、セテアリルアルコール、ジメチコン、PPG-1/PEG-1ステアラミン、ベヘナミドプロピルジメチルアミン、アモジメチコン、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、アンズ核油、チャ花エキス、サッカロミセス/コメヌカエ発酵エキス、イノシトール、コメヌカエキス、コメ胚芽油、サクラ葉エキス、ツバキエキス、ヒオウギエキス、コメエキス、乳酸、パラフィン、ヒドロキシエチルセルロース、フェニルトリメチコン、(ビスイソブチルPEG-14/アモジメチコン)コポリマー、ステアリルトリモニウムクロリド、エタノール、BG、デキストリン、DPG、トコフェロール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料、カラメル

主な成分の解説をみるジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
ベヘナミドプロピルジメチルアミンは3級カチオン界面活性剤で低刺激ですがコンディショニング効果は高くない成分。
アモジメチコンはアミノ変性シリコーンで、毛髪を艷やか、滑らかな指通り性を向上させ、ドライヤーによる乾燥時間を短縮しダメージ軽減。
加水分解水添デンプンは、加水分解デンプンに水素添加したもの。トウモロコシデンプン由来で、抗炎症・保湿・肌荒れ抑制、感触向上効果。
アンズ核油はオレイン酸、リノール酸を多く含むエモリエントな感触のオイル。
チャ花エキスは抗酸化、コラーゲン産生促進、ヒアルロン酸産生促進作用、皮脂の抑制作用。
コメヌカエキスは収れん作用、ヒアルロン酸分解酵素阻害効果による保湿効果。
コメ胚芽油はγ-オリザノールの美白作用、ビタミンEの40-60倍もの抗酸化作用、フェルラ酸の紫外線吸収効果、抗菌作用、リノール酸、オレイン酸のエモリエント作用を付与します。
ヒオウギエキスはイソフラボンを含有し、女性ホルモン様作用、美白作用、抗老化作用を付与。
コメエキスは黒米玄米由来のエキスで、含有するアントシアニン、ポリフェノールにより美白、美肌、白髪染め効果、眼精疲労軽減、抗糖尿病、抗酸化作用を付与。
ヒドロキシエチルセルロースはセルロース誘導体の一種で、粘度の調節、着色料の沈殿防止、接着力の増強などの目的で配合されます。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。

    いち髪 濃密W保湿ケア コンディショナー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.1

  • 潤滑性 2
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:1.5
  • 持続性:2
  • 安全性:2.5
  • 即効性 2
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/530ml
  • 価格/630円
  • 1mlあたり/1.19円

いち髪 濃密W保湿ケア コンディショナー の宣伝文,商品説明:

髪も地肌もうるおって、しっとりまとまる髪へと導くコンディショナーです。
純・和草プレミアムエキス配合。
ダメージで失われたうるおいやツヤを補給。
髪と地肌を保湿、乾燥によるダメージを防ぎます。
ほろ甘いあんずと上品な桜の香り (桜 七分咲きの香り)。