シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ラ・カスタ ホワイトローズ ヘアマスク
(ラ・カスタ
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ラ・カスタ ホワイトローズ ヘアマスク

ラ・カスタ


ラ・カスタ ホワイトローズ ヘアマスク のオススメレベル

ラ・カスタ ホワイトローズ ヘアマスク の解析結果

保湿性がやや高いタイプ。


リピジュア、擬似セラミド、チューベロース多糖体といった成分の配合が喜ばしい製品です。
しかし、さほどヘアマスクとして有能とは言えません。

総合すると、凡庸なベースに抗炎症・収れん効果といったエキスが配され、
ラーメンで言えばトッピングだけ力を入れたような、麺とスープは平凡で薄味といった製品だ。

基本的には値段に見合った性能ではない。
見せ場は多少あったが、そこまで価値を高められず。

[PR]

ラ・カスタ ホワイトローズ ヘアマスク の全成分:

水、セタノール、ベヘントリモニウムクロリド、ジメチコン、BG、ステアリン酸グリセリル、イソプロパノール、ラベンダー油、ローズマリー油、ローズマリーエキス、ムラサキバレンギクエキス、ロサアルバ花エキス、ローズ水、カンゾウ根エキス、ニンジン根エキス、ノイバラ果実エキス、チューベロース多糖体、アボカド油、ダイズ油、コムギ胚芽油、ローズヒップ油、シア脂、スクワラン、ポリクオタニウム-51、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ステアルトリモニウムクロリド、ジステアリルジモニウムクロリド、アミノプロピルジメチコン、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)、ラウレス-23、ラウレス-4、エタノール、カロチン、トコフェロール、フェノキシエタノール、香料

主な成分の解説をみるベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
ラベンダー油はシソ科の精油で、タンニン、リナロール、リモネンで構成されています。ハッカに似た芳香性を持ち、鎮痛・精神安定・殺菌効果を持つ。
ローズマリー油はシソ科・清涼感のあるすっきりした香りが特徴。集中力や記憶力を高める効果があるとされ、気持ちをはっきりさせたい時に使われる精油です。
ローズ水はセイヨウバラまたはダマスクバラの花を水蒸気蒸留によって得られる芳香性の水。表皮からβ-エンドルフィンの遊離を促進する作用があり、皮膚細胞代謝活性化、メラニン生成抑制作用を持つ。
チューベロース多糖体は皮膚表面を平滑化する多糖体で、月下香の白い花びらから抽出。温度による変化がほとんど起こらず、寒冷乾燥環境でも角質を確実に保湿します。
アボカド油は皮膚親和性が高く柔軟効果に優れる。
シア脂は、中央アフリカに分布するシアの種子から得た脂肪で、紫外線吸収、毛髪の滑り感低下抑制、キューティクル保護、毛髪強度向上、血行促進効果を付与。
スクワランは人の皮脂にも3-4%含まれる保湿成分で、刺激なく油分と水分を乳化させ保湿作用を示し、不足すると肌の乾燥、代謝の低下をまねきます。
ポリクオタニウム-51リピジュアの1種で生体適合性があり、ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持つリン脂質ポリマー。
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドはマメ科グアから採れる多糖類にカチオンをもたせたコンディショニング成分。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)はリンスでおなじみ柔軟剤成分ですが、刺激性がとても強く、強いタンパク変性作用を有するため頭皮につけたり、洗い流さない製品への配合はNG。
ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)は優れたラメラ液晶形成能を持ち、抱水性、保湿性、皮膚のバリヤ機能を改善。

    ラ・カスタ ホワイトローズ ヘアマスク の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.8

  • 潤滑性 2
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:1.5
  • 持続性:1.5
  • 安全性:2.5
  • 即効性 1.5
  • 費用対効果:2

  • 容量/230ml
  • 価格/3150円
  • 1mlあたり/13.7円

ラ・カスタ ホワイトローズ ヘアマスク の宣伝文,商品説明:

みずみずしいローズの香りとともに、なめらかでしなやかな輝きのある美しい髪に仕上げるヘアトリートメント。
「純潔、永遠の愛」という花言葉を持つホワイトローズ。ホワイトローズから抽出された、
ロサアルバ花エキス(毛髪保護成分)を配合。みずみずしいローズの香りとともに、傷んだ髪を補修・保護して、乾燥に負けない、なめらかでしなやかな美しい髪に仕上げます。