シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ラクメLAKMEダメージケア マスク
(LAKME(ラクメ)
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ラクメLAKMEダメージケア マスク

LAKME(ラクメ)


ラクメLAKMEダメージケア マスク のオススメレベル

ラクメLAKMEダメージケア マスク の解析結果

ミネラルオイルの人工的なツヤによるマスクというのが関の山。


ヘアマスクという名称ではありますが、マスク的な要素はミネラルオイルのみ。全体に持続性のない油分補給が淡々としているのみで、
効果に期待するなど時間の無駄に思える一品です。

しなやかで、多少のツヤといった仕上がりが想定される一品。
どこから見ても、3600円越えの値付けを納得させる要素が皆無に近い内容です。
個人的には、例えば◯バキのヘアマスクあたりの方が断然効果が高いと見ます。
やすい温泉宿に備え付けられているリンスを思わせる、ダメージをカバーするのが苦手なトリートメント、と理解していいでしょう。
唯一、ババスオイルあたりの絡みで多少使用感はエモりますが、
これで納得できるダメージヘアの持ち主はあまり多くないと予想します。

[PR]

ラクメLAKMEダメージケア マスク の全成分:

水、セタノール、ステアリン酸グリセリル、ミネラルオイル、ベヘントリモニウムクロリド、安息香酸アルキル(C12-15)、ステアリルアルコール、セトリモニウムクロリド、セテアレス-20、マカデミアナッツ油、ババス油、アモジメチコン、香料、トリデセス-12、PG、グリセリン、セチルピリジウムクロリド、カエサルビニアスピノサガム、乳酸、ベンジルアルコール、橙205、パルミチン酸アスコルビル、BHT、クエン酸、ヤシ油脂肪酸グリセレス-2、レシチン、メチルイソチアゾリノン、黄203、メチルクロロイソチアゾリノン

主な成分の解説をみるミネラルオイルは石油原油を蒸留し固形パラフィンを除去した炭化水素系油剤。
皮膚によく延び、浸透性がないため無刺激。油との相溶性が強く、クレンジング基剤としても広く使われる油剤。

ここではミネラルオイルが水分をあまり抱えないツヤツヤした皮膜作用を付与。

ベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
安息香酸アルキル(C12-15)は軟化剤や増粘剤、エモリエント効果を狙って配合されます。
マカデミアナッツ油はパルミトレイン酸を多く含み、人の皮脂に類似したエステル。
体温付近に融点があり、肌に馴染み良くタッチが良いオイルです。
ババス油はヤシ油に似た脂で、ラウリン酸が半分程度を占めるさっぱりとした感触が特徴。
アモジメチコンはアミノ変性シリコーンで、毛髪を艷やか、滑らかな指通り性を向上させ、ドライヤーによる乾燥時間を短縮しダメージ軽減。