シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ラ・ローゼ ヘアトリートメント RG
(ハウス オブ ローゼ
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ラ・ローゼ ヘアトリートメント RG

ハウス オブ ローゼ


ラ・ローゼ ヘアトリートメント RG のオススメレベル

ラ・ローゼ ヘアトリートメント RG の解析結果

ツヤ感が強い。


効果はしっかりある、実感を伴うトリートメントといえます。

やや肌への刺激性は懸念される成分が散見されますので、あまり肌の強くない方向けではありません。
トリートメントとしてはだいぶ分かりやすいツヤ感、エモリエント感を与える一品です。
エキス類のスキンケア能力も無視できないほど高く、この点でも魅力を感じられる製品といえるでしょう。

[PR]

ラ・ローゼ ヘアトリートメント RG の全成分:

水、ジメチコン、BG、コハク酸ジエチルヘキシル、ステアリルアルコール、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、リンゴ酸ジイソステアリル、香料、ベヘントリモニウムクロリド、セタノール、アミノエチルアミノプロピルジメチコン、ステアルトリモニウムクロリド、キャンデリラロウ、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、ダマスクバラ胎座培養エキス、ハイブリッドローズ花エキス(ブラックローズ、紫香)、ハイブリッドローズ子房エキス、センチフォリアバラ花エキス、ガリカバラ花エキス、ローズヒップ油、ローズ水、ブドウつるエキス、メリッサ葉エキス、セイヨウオトギリソウエキス、ゼラニウム油、シルク、ヒアルロン酸Na、エチルヘキシルグリセリン、セテス-2、エタノール、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、シメチコン、メチルパラベン、エチルパラベン

主な成分の解説をみるジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
コハク酸ジエチルヘキシルは軽いタッチで粘度の低いオイル。紫外線吸収剤などの溶解性に優れ、ワックス系の製品では硬さの調整に用いられる。
ジフェニルシロキシフェニルトリメチコンは、粘性やエモリエント性、ツヤ感が増したシリコーン。乾燥を防ぐ効果や感触改善効果を付与します。
リンゴ酸ジイソステアリルは難溶性成分の溶解力が高いエステルで、肌にはさらっとした感触を与えます。
ベースは上記の設計。

その他の成分をピックアップすると、
ベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
キャンデリラロウは自らを乾燥から守るために分泌している樹液を茎から抽出した天然の植物ロウで、アレルギー性が低く光沢と固さを与える。
ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ ベヘニル) はラノリンと同等の抱水性と、ツヤ、光沢性の付与、密着性の高さが特徴。
ダマスクバラ胎座培養エキスは種子の成長過程で養分が集中する、ダマスクバラのプラセンタエキスです。肌のハリを改善したい、乾燥・目元のハリ、弾力を改善したいという場合に。
ハイブリッドローズ花エキスはAGEs(最終糖化生成物)の精製を抑制する抗糖化作用を付与し、保湿、ハリ、弾力を保持する効果。
ガリカバラ花エキスは天然色素としてよく用いられる成分で、整肌作用を目的に使われることも。
ブドウつるエキスはぶどうに含まれるポリフェノールの一種レスベラトロールを含有。優れた抗酸化力を持ち、人間の長寿遺伝子(サーチュイン)に関与して若さを保つ可能性がある注目の成分。
メリッサ葉エキスは皮脂抑制、線維芽細胞産生促進、抗菌作用。

    ラ・ローゼ ヘアトリートメント RG の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.3

  • 潤滑性 2
  • 効果の深さ:2
  • 補修力:2
  • 持続性:2.5
  • 安全性:2.5
  • 即効性 2.5
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/200ml
  • 価格/2100円
  • 1mlあたり/10.5円

ラ・ローゼ ヘアトリートメント RG の宣伝文,商品説明:

髪にうるおいを与えながら、毛髪ダメージを補修するヘアトリートメント。
優雅にローズが香り、指通り良く、毛先までしっかりとつややかな髪に導きます。
洗い流した後も髪をコートし、うるおい成分をしっかり髪に閉じ込めます。