シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
LAUREL sozai がごめ昆布リンス
(ローレル
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

LAUREL sozai がごめ昆布リンス

ローレル


LAUREL sozai がごめ昆布リンス のオススメレベル

LAUREL sozai がごめ昆布リンス の解析結果

オリーブとシアバターで少ししっとりするだけ


リンスというカテゴリに恥じない、ちょっとした作用に限定される製品です。

ガゴメエキスの保湿効果は配合量が少なすぎるようにみえるため期待できません。
シアバター、オリーブオイルが濯ぎ後も多少残り、エモリエント感を与える他は有効性をあまり期待できるものではないでしょう。

一時的に、ほんのりとカバーして指通りをよくする程度のリンスです。


[PR]

LAUREL sozai がごめ昆布リンス の全成分:

水、セテアリルアルコール、DPG、シクロペンタシロキサン、オリーブ油、シア脂油、ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド、トコフェロール、ガゴメエキス、BG、ジメチコン、パルミチン酸イソプロピル、セタノール、ステアリルアルコール、塩化Mg、硝酸Mg、酢酸、メチルパラベン、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン

主な成分の解説をみるシクロペンタシロキサンは揮発性のシリコーンオイルで、さらっとした感触を残し、揮発していくので肌への残存感がありません。
シア脂は、肌に塗ると溶けて浸透する感触の良いエモリエント剤。紫外線吸収効果も。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
ステアロキシプロピルトリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、シリコーンとの相性が非常によく、すすぎ時の柔軟性、指通りと、乾燥後にまとまりのあるさらさら感を付与。
ガゴメエキスF-フコイダンを含有するカゴメ昆布由来で、高い保湿力を長時間キープ。さらに、抗シワ、肌荒れ改善、抗ニキビ作用、皮脂の過剰分泌を抑制といった効果をしめします。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
パルミチン酸イソプロピルはパーム油からパルミチン酸を、イソプロパノール(アルコールの一種)と化合したエステル油。軽い感触でベタつきなく、浸透性、柔軟性が良い油性基剤。
セタノールはセチルアルコールとも呼ばれるパーム・ヤシ油由来の飽和高級脂肪酸(要するに、脂です)。乳化物の安定性を高める効果が優れ、過脂肪剤、油性基剤として用いられます。