シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
MARO(マーロ) 薬用デオスカルプトリートメント
(ストーリア
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

MARO(マーロ) 薬用デオスカルプトリートメント

ストーリア


MARO(マーロ) 薬用デオスカルプトリートメント のオススメレベル

MARO(マーロ) 薬用デオスカルプトリートメント の解析結果

育毛狙い?コンディショナー


殺菌、収れん、皮脂コントロール、血行促進といった要素を多く含むコンディショナーで、
あまり髪がどうといった内容ではありません。


頭皮向きの内容ながら・・


効果を見ていくと、つい頭皮に塗りこみたくなるタイプですが、イソプロピルメチルフェノールのような強い殺菌剤の存在が二の足を踏ませます。
決して絶大とはいえない育毛・頭皮ケア効果と引き換えに、影響力、刺激性が心配な殺菌効果を与えることになるからです。
総合的に見ると、あまりオススメと言いにくい評価になります。


[PR]

MARO(マーロ) 薬用デオスカルプトリートメント の全成分:

イソプロピルメチルフェノール、カキタンニン、チャエキス(1)、ベヘニルアルコール、パルミチン酸2-エチルヘキシル、硬化油、臭化ステアリルトリメチルアンモニウム、ホホバ油、アボカド油、月見草油、サフラワー油(2)、オリブ油、塩化O-[2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル]ヒドロキシエチルセルロース、メントール塩化ジステアリルジメチルアンモニウム、海藻エキス(1)、海藻エキス(4)、ビワ葉エキス、水溶性コラーゲン液、ヒアルロン酸Na-2、オウバクエキス、ホップエキス、グリシン、濃グリセリン、DPG、フェノキシエタノール、硫酸亜鉛、BG、エタノール、イソプロパノール、香料、pH調整剤、粘度調整剤、水

主な成分の解説をみるイソプロピルメチルフェノールは殺菌剤で、比較的殺菌力が強く、傷に刺激性があるので肌の弱い方には向きません。
カキタンニンは柿渋に1%-2%程度含まれる成分で、高い収れん作用と加齢臭を分解して消す効果を持つ。
チャ葉エキスは抗酸化作用に優れ、過剰な皮脂の抑制、抗アレルギー作用、抗菌、抗炎症、脂肪分解作用などを付与。
ベヘニルアルコールは菜種油から抽出した油剤で、融点が高くしっとりした感触を特徴とします。乳化安定性が優れた油性成分です。
パルミチン酸エチルヘキシルは人工的に作られたベタつきのない油で、酸化安定性や使用感が天然油より良好。
ステアルトリモニウムブロミド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。比較的低刺激。
アボカド油は皮膚親和性が高く柔軟効果に優れる。
月見草油はアカバナ科メマツヨイグサ属の種子から搾油され、γ-リノレン酸を豊富に含み、抗アレルギー、抗アトピー効果を付与。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
メントールの清涼作用。
水溶性コラーゲンはフカヒレ、サケ、ヒラメ、カレイなどの魚の皮から抽出したコラーゲン。通称マリンコラーゲンとも呼ばれ、コラーゲンの中でも優れた保湿性を持つと言われています。
ビワ葉エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進、メラニン生成を抑制、収れん作用、抗菌、抗炎症作用。
ホップエキスは抗酸化作用、抗菌作用、女性ホルモン様作用による育毛効果。また、メラノサイトを活性化させる作用があり、白髪の予防も期待されます。
硫酸亜鉛は局所収れん剤として肌の引き締め効果を発揮します。
あえ

    MARO(マーロ) 薬用デオスカルプトリートメント の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.8

  • 潤滑性 1.5
  • 効果の深さ:1
  • 補修力:1
  • 持続性:1
  • 安全性:2.5
  • 即効性 1.5
  • 費用対効果:3

  • 容量/480ml
  • 価格/1080円
  • 1mlあたり/2.25円

MARO(マーロ) 薬用デオスカルプトリートメント の宣伝文,商品説明:

2種類の有効成分が頭皮の汚れを根本から殺菌、消臭!さらに5種類のレアオイルが髪の潤いを守りすっきり爽快超実感且つ指通りの良いスカルプケアトリートメントを実現させました。