シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ミルプトリートメント
(ビューティプランニング 
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ミルプトリートメント

ビューティプランニング


ミルプトリートメント のオススメレベル

ミルプトリートメント の解析結果

保湿感は充分


はちみつやミルク由来成分、ヒアロベールをはじめ、セラミド、アミノ酸も配合した保湿一辺倒のトリートメント。
わかりやすい処方だけに、仕上がりもそれなりのしっとり感を残してくるでしょう。
コーヒー種子エキスや白樺エキスなど、頭皮に有用な成分もありますが、頭皮に塗るには少々刺激性が強い。


髪をスリークに仕上げ、まとまりを生むという点において使える一品です。
とてもオススメというほどではありませんが、保湿性の高さはある程度評価できるレベルにあります。
トリートメントとして優秀なものは他にもいくつもありますが、好みがあえば活かせるでしょう。


[PR]

ミルプトリートメント の全成分:

水、ステアリルアルコール、グリセリン、ベヘントリモニウムクロリド、ジメチコン、パラフィン、ヨーグルト液(牛乳)、加水分解カゼイン(牛乳)、加水分解乳タンパク(牛乳)、加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン、サクラ葉エキス、ハチミツ、加水分解シルク、コーヒー種子エキス、加水分解ケラチン(羊毛)、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、シラカンバ樹液、マコンブエキス、PCA、PCA−Na、乳酸Na、アルギニン、アスパラギン酸、グリシン、アラニン、セリン、プロリン、バリン、トレオニン、イソロイシン、フェニルアラニン、ヒスチジン、セラミド1、セラミド3、セラミド6||、フィトスフィンゴシン、コレステロール、カルボマー、キサンタンガム、香料、クエン酸、クエン酸Na、BG、ヒドロキシエチルセルロース、ステアルトリモニウムクロリド、イソプロパノール、ラウレス-25、ラウレス-4、セトリモニウムクロリド、エタノール、ラウロイル乳酸Na、フェノキシエタノール

主な成分の解説をみるベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
パラフィンはロウソクやクレヨンでもおなじみのワックス成分で、化学的に安定し油性基剤として潤滑な感触を与える。
サクラ葉エキス(ソメイヨシノ葉エキス)は肌荒れ、抗炎症、美白作用を付与。
ハチミツは吸着持続性の高い保湿作用。
ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウムヒアロベールと呼ばれるカチオン化ヒアルロン酸で、すすいでも落ちにくい特性を持った保湿作用を付与します。
シラカンバ樹液はコラーゲン産生促進作用。
おw マコンブエキスは育毛作用、収斂作用、スリミング作用。
セラミド1、3、6-2、フィトスフィンゴシン、コレステロール、カルボマー、キサンタンガム、ラウロイル乳酸Naはヒト皮膚細胞間脂質と同じ組成で、水中でラメラ層を形成する安定型セラミド。
ヒドロキシエチルセルロースはセルロース誘導体の一種で、粘度の調節、着色料の沈殿防止、接着力の増強などの目的で配合されます。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)はリンスでおなじみ柔軟剤成分ですが、刺激性がとても強く、強いタンパク変性作用を有するため頭皮につけたり、洗い流さない製品への配合はNG。

    ミルプトリートメント の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.6

  • 潤滑性 3
  • 効果の深さ:2
  • 補修力:3
  • 持続性:2
  • 安全性:2.5
  • 即効性 3
  • 費用対効果:3

  • 容量/350ml
  • 価格/1980円
  • 1mlあたり/5.66円

ミルプトリートメント の宣伝文,商品説明:

ミルク由来成分や生コラーゲンをはじめ、厳選した美髪成分が髪の1本1本にまで成分を行き渡らせ、
ダメージを補修。密度の高い、しなやかで美しい髪に整えます。